芸能

川口春奈はヘラヘラ、剛力彩芽は超自信家!?少女モデル出身3美女の“恥”過去

「12歳の川口春奈はギャルだった【超貴重映像】」─そんなタイトルで、女優・川口春奈が自身のYouTubeチャンネルを更新したのは去る5月16日のことだった。女子中学生層をターゲットにしたファッション誌「nicola」のモデル時代の貴重映像を公開。当時の自分に対してツッコミを入れたのである。

 同誌の07年10月号でデビューした川口は、故郷の長崎県・五島列島から週2回のペースで東京まで通っていたことを振り返ったが、撮影のオフショットを収めた当時の貴重映像を見返し、子どものようにふざける自分を見て「バカタレ、ちゃんとしろ!」「やかましい。ヘラヘラしてんじゃないよ! 『終わりました~』じゃないよ! 早くしろよ」など、イライラした様子でツッコみまくり。

 また、川口は、当時の自分の顔に「結構、化粧してるな。つけまとかいっぱいつけてたよね。何事!?」と、メイクの派手さに驚いていたが、実際、現在とモデル時代でメイクが180度変わったという女優も少なくない。

「当時、川口は”ハルル”の愛称で親しまれていたということですが、女優の波瑠も今でこそショートヘアがトレードマークで清楚系な印象があるものの、女性ファッション誌『Seventeen』の専属モデル時代は化粧も濃いめ。少しギャル要素が入ったロングヘア美女といった感じでした」(エンタメ誌ライター)

 また、川口は中学時代の自分のヘラヘラした振る舞いにイラだっていた様子だったが、これもまだまだマシな部類だとか。

「例えば、あの剛力彩芽は高校時代に『Seventeen』の専属モデルを務めていましたが、当時のインタビューで『自分のことカワイイと思っているか』との質問で『まあ…思ってます(笑)。思ってないとやってられないかも』と答えていたり、座右の銘については『【自分のこと好きじゃないと、やってけないじゃん?】みたいな』と答えていたりと、ナルシスト全開な回答を連発。剛力としては掘り下げられれば顔から火が出るくらい恥ずかしい“黒歴史”なんじゃないでしょうか」(前出・エンタメ誌ライター)

 いずれも歳を重ねて見た目も中身も落ち着いたということだろうが、今も昔も違った意味で魅力的な美女であることは間違いないだろう。

(本多ヒロシ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
真木よう子、「Gバストがお腹に乗ってる」なド迫力オフショットにファン騒然
3
木村文乃、“艶気なし”指摘を吹き飛ばす「前かがみ水着バスト渓谷」の破壊力!
4
本田望結、ボディ成長と美人化がどんどん進む!ファンも困惑の“ノビシロ”
5
皆藤愛子“復活”で注目を集めた色白“透け衣装バスト”の膨らみ具合