芸能

原田大二郎「丹波哲郎さんとは性格がそっくりだった」

テリー じゃあ、その後は後悔したでしょう。「とんでもないこと言っちゃった」って。

原田 いや、後悔はしなかったですね。後悔すれば、「すみません近藤さん、あんなこと言いましたけど、もう1回やらせてください」って言えたんだろうけど、なんか山口県人って意地張るんですよ。

テリー そんなの山口県人って関係あるかなぁ(笑)。でも、みんながやめるって知ってる中、今度は殉職の回(33話)で戻るわけですよね。その時の現場の空気はどうだったんですか。

原田 それは、みんなプロですから普通でしたよ。僕が空気を読めなかっただけかもしれないけど(笑)。だから、殉職のシーンは僕がピストルを握ったまま、相手のピストルでダンダンダンって撃たれて、ズーンって倒れるんですけど、それも「こんなのはどうだろう」って僕が出したアイデアなんですよ。で、「じゃあ、やってみよう」ということになって。当時は、みんなものを作ることに常に燃えてましたからね。

テリー 例えば丹波(哲郎)さんにはなんて言われたんですか。

原田 丹波さんは、「わがままでお先にやめさせてもらいます」って言ったら、「あぁ、そうか、残念だな」って。僕、実は撮影が始まる前から、あるスタッフに「丹波さんに会ったら、原田さんにそっくりでビックリするよ」って言われてたんですよ。

テリー そっくりって?

原田 性格が。そしたら初めて会った時、丹波さんが右手を上げながら「よう、よう、よう」って現れて。見た瞬間に「確かに俺だ」って(笑)。

テリー アハハハ。

原田 だから、それから僕は自分のことを「小丹波」って言ってたの。そのぐらい可愛がってもらってましたよね、丹波さんには。

テリー 他の人は?

原田 どうだったかなぁ。夏木(陽介)さんはその前に何本も共演していて、気の短い人だって知ってたから、「夏っちゃんすみません、お先にやめさせてもらいます」って言ったら「アハハハ」って笑ってましたけどね。まぁ、でも今考えると、Gメンは僕の青春でしたよね。

テリー 今見ると当時のことを思い出します?

原田 そうですね。ほんとにみんな仲間だったし。青春ってすごいよね。僕はその時31歳だったけど、60ぐらいのおじさんたちも必死で、やっぱり青春してましたから。ほんとに青春に年齢は関係ないんだっていう。森繁(久彌)さんなんかも「生涯青春だぞ」って言ってましたけどね。

テリー その青春時代、原田さんはどのくらいモテたんですか。

原田 デビューした時はすでに結婚してましたからね。

テリー まぁ、そういう建前はこっちに置いといて。

原田 アハハハ、それがそういうわけにはいかないんですよ。女房も「アサヒ芸能」のファンだから(笑)。

テリー あぁ。言ったら、これ読まれちゃうってこと?

原田 うん。

テリー そうか(笑)。でも、見られちゃマズいってことは、多少そういうこともあったんですね。

原田 うん、まぁ。

テリー 急に声が小さくなりましたけども。

原田 もう少しで離婚されるようなところまでいったことはありますよ、僕の不始末で。でもね、近藤さんも丹波さんもお亡くなりになられて、ようやく「Gメン’75」を降りた顛末を、少ししゃべれるようになったわけですよね。でも、うちの奥さんはまだまだ元気だから。なかなかしゃべれませんよ(笑)。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレビ朝日・安藤萌々アナがヤクルトキャンプで大顰蹙!村上宗隆以外はガン無視で会釈もせず…
2
徳川家康ブチ切れ!通行人にノコギリで首を挽かせた「極刑中の極刑」絶叫シーン
3
「富士山噴火」が危ない伊豆諸島「ベヨネース列岩」の不気味な海面変色
4
挨拶したのに…上沼恵美子がガン無視激怒した宮迫博之の「顔面イジリ」
5
YOSHIKI新バンド米国公演の前座は「世界的ガールズバンド」に「逆だろ!」ブーイング