芸能

小林亜星さんが語っていた「寺内貫太郎一家」の西城秀樹さんとの意外な秘話とは?

 日本レコード大賞に輝いた都はるみの「北の宿から」(75年)など歌謡曲だけでなく、今も流れる「日立の樹」や「積水ハウス」などのCMソング、「魔法使いサリー」や「科学忍者隊ガッチャマン」などのアニメソングにおいても、抜群の才能を発揮した作曲家・小林亜星さんが5月30日に88歳で亡くなった。

 作り手だけでなく、俳優としても存在感を発揮したのが30%以上の高視聴率ドラマ「寺内貫太郎一家」(74年、TBS系)だ。異色と呼べるキャスティングを、小林さんは生前こう語っていた。

「脚本家の向田邦子さんは、貫太郎に自分の父親を重ね合わせていたんです。だから主役の条件はただひとつ『太っていること』でした。最初に白羽の矢が立ったのはフランキー堺さんで、次はドリフターズの高木ブーさん。ところが、どっちも忙しくてオファーを断ったんです。最後に候補になったのが僕。あの頃、110キロはあったから」

 演出は久世光彦氏だが、ホームドラマにおいてひとつの持論があったという。

「僕は前のカミさんと別れて、今のカミさんと一緒に住みだしたころ。奥さん役の加藤治子さんも離婚協議中だったし、ばあさん役の樹木希林も内田裕也とゴタゴタしていたしね。久世さんいわく『本当に幸せなヤツに幸せを感じさせる演技はできない』と思って、ワケありの人物ばかり集めたって」

 亜星さんの長男役を演じたのが人気絶頂の西城秀樹さんで、2人の激しい取っ組み合いは名物になった。

「庭まで吹っ飛ばして、1度骨折させた時なんか、ヒデキのファンの女子高生から手紙がきましたよ。そこには『お前の大事なところを引っこ抜くぞ!』って書いてあって、ぶったまげた記憶がある(笑)」

 すでに出演者も多くが鬼籍に入ってしまった。昭和の傑作ドラマとともに、亜星さんの冥福を心よりお祈りしたい。

(石田伸也)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
4
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
5
中日ドラゴンズを低迷させた「タニマチと夜の活動」「儲かるゴルフコンペ」選手をダメにする文化