芸能

知られざる「怪人」タモリ伝(8)居候の極意は“卑屈にならないこと”

20131128e

 幻の素人芸人だったタモリこと森田一義は、山下や中村を中心とした「伝説の九州の男・森田を呼ぶ会」のカンパによって上京を果たす。早稲田大学を抹籍になって“都落ち”を味わって以来、実に7年ぶりのことだった。

 そして最初に住んだのは、中村の2DKの都営住宅に「居候」という形だ。

「でも1週間くらいしかいなかった。というのは僕の母が電話をかけてきて、たまたま彼が取っちゃった。ウチの母親は潔癖症なもので、見知らぬ男がいることを許さなかったんだ」

 その後のタモリは知人の家を転々とし、やがて、師と仰いだ赤塚不二夫宅に「破格の待遇」で居候生活。住居は4LDKの高級マンション、ベンツは乗り放題で、さらに赤塚から月20万円の小遣いまで支給される。こうして得た居候生活の極意とは「卑屈になるな」だったという。

 そんな同居人の最初であった中村は、後に「今夜は最高!」(81~89年、日本テレビ)のレギュラーとなる。音楽をベースとした上質なバラエティ番組として評価が高かった。

「終わってから20年以上が経つけど、今でも定期的にスタッフやレギュラー陣が集まって酒を飲む。そのくらい楽しい番組だった。もちろん、同窓会にはタモリも顔を出すよ」

 来年3月に「いいとも!」から解放されれば、また、おもしろい番組を始めるのではないかと中村は期待を寄せる。

 そして「いいとも!」で85年から4年半にわたってレギュラーを務めた渡辺正行は、1つ1つの場面を鮮明に思い返す。

「初めてグループ(コント赤信号)を離れて、ピンで『いいとも!』のレギュラーはうれしかったですねえ。もう、そのくらいメジャーな番組でしたから」

 もはや記憶に残っていないいくつかのコーナーを経て、大きく注目されたのは87年に始まった「13日の月曜日」だった。当時はアルタの同じスタジオで「いいとも!」と小堺一機司会の「ライオンのいただきます」がリレーで観覧できた。

「それは豪華すぎるだろうということで、観覧の人数分のコーラを用意。飲み干して底に『退場カード』が出た人は、スタジオから出て行くというルールで」

 出演者側も対抗して飲むのだが、ここでタモリの放った一言が渡辺の運命を変える。

「オレ、炭酸は飲めないから」

 ‥‥お前に任せるよ、というニュアンスである。以来、渡辺は観客を相手に「コーラの早飲み」を続け、プロデューサーの横澤彪から「コーナーにしちゃおう」の言葉をもらう。

「タモリさんから『すげえな、お前。オレにはとても飲めない』って感心されましたね。だって毎回、4本くらい一気飲みして、終わってトイレで吐いたこともありましたから」

 やがて渡辺は、タモリの度量の広さを知るようになる。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
3
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
4
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」