スポーツ

日本名輪会・山口健治の「江戸“鷹の目”診断」/松浦が後半戦の初優勝を飾る!

【「小松島記念」ヤマケンが注目する「決勝戦進出」有力候補12人!】

◎松浦悠士/○原田研太朗/▲柴崎淳/△小倉竜二/和田健太郎/村上博幸/阿竹智史/武藤龍生/小松崎大地/小川真太郎/太田竜馬/町田太吾

 好成績を残していても、まくり選手の1、2着は筋違い決着で高配当になる。

「小松島記念」(7月1日【木】~4日【日】)は、地元徳島と中国勢のメンバーが充実している。岸和田高松宮記念杯でワンツーフィニッシュを決め、意気上がる東日本だが、今回は脇役に甘んじることになりそうだ。

 ラインは劣勢でも、ダービー王の松浦悠士を本命に推す。ここ2場所の別府記念【7】【1】【3】【9】、宮記念杯【6】【2】【2】【8】は、それまでの4場所連続優勝からは不振とも取れるが、巻き返すのが実力者。117期驚異の新鋭、町田太我の番手から抜け出し、後半戦の初Vを飾る。

 その町田は、トラック競技支援松山でGIII初優勝。勢いは止まりそうになく、四国とは別線になっても、パワフル先行を松浦ががっちりガードする。押し切りがあってもおかしくない。

 対抗は連覇がかかる原田研太朗。地元勢は小川真太郎─太田竜馬─原田─小倉竜二に阿竹智史も加われば圧巻の5車ライン。早めに小川真が出切って、さらに太田が引っ張る。昨年同様、原田が中央に立つ徳島勢の表彰台独占もある。

 あとは混戦で柴崎淳のまくり一撃と、小倉のゴール寸前のチョイ差しを警戒するが、特に小倉の奮戦ぶりは大いに称えられていい。

 5月の前橋記念(【3】【1】【1】【1】)では、いかにもマーク屋らしいうまさが光り、前走の宮記念杯西日本準決勝戦(失格)は、衰えぬ闘志を感じさせた。現在45歳。これからは1年、1年の勝負になるものの「四国の総帥」の座は、まだ当分、譲りそうにない。

 伏兵の1人目は佐々木悠葵(群馬・115期)。昨年11月後半に町田に半月遅れて特昇し、FIでV4。それも前々走の静岡【1】【1】【1】まで全て完全優勝だった。4日制のGIIIで2場所準決勝に乗り、初の特別GII函館サマーナイトF(7月16日~)の出走も決まっている。2次予選を突破すれば、その次も期待したくなるのがファン心理だろう。

 波乱の立役者として津村洸次郎(福岡・101期)に期待する。3月高知(【1】【1】【1】)から前々走のGIII松山(【3】【2】【9】【2】)まで〈10 6 2 4〉と好成績なのに、16連対中、実に8回が万車券。まくりが多く、よく筋違い決着になるからだ。もつれれば出番になる。

 地元の小川丈太(徳島・111期)は、GIIを3度制している偉大な父の圭二(S2)が師匠でもある。3カ月余の負傷欠場があり、まだ本調子とは言えないが、マイペースに持ち込めば逃げ切りがある。

山口健治(やまぐち・けんじ):1957年1月、東京都荒川区生まれ。競輪学校38回生卒業チャンピオンとしてデビュー。主なタイトルは日本選手権、競輪祭(2度)。09年1月引退。現在「スポーツ報知」評論家。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
3
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
4
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白
5
JR東日本高崎支社「電気機関車」と「ディーゼル機関車」一斉大量引退で訪れる阿鼻叫喚の「大パニック」