スポーツ

白鵬・ライブ相撲マンガ、「ぶつかり稽古で毎日が呼吸困難」過酷な新弟子修行!

 7月4日は、大相撲七月場所初日である。番付表には、こうある。

〈蒙御免 令和三年 七月四日 十五日間 於名古屋市中区二の丸ドルフィンズアリーナ 大相撲挙行仕候〉

 そして東正横綱の位置には、ひときわ大きな江戸文字で、〈横綱 モンゴル 白鵬 翔〉。白鵬が進退をかけて臨む七月場所(名古屋場所)が始まった。

 さて、「週刊アサヒ芸能」で大反響の中、連載が進む「白鵬本紀」は、数えて第10番。2001年三月場所の新弟子検査を一発クリアしたダヴァ少年につけられた四股名は「白鵬」。昭和の名横綱にして、ライバルである柏戸と大鵬から、リスペクトされた名誉の四股名である。柏鵬時代と同じ「はくほう」の響きは、大横綱へのファンファーレでもあったろうか?三月場所の中日(なかび)に行われた出世披露では一番出世。力士人生のスタートはしかし、順風満帆に見えて、過酷な稽古漬けの日々。恐怖のぶつかり稽古では、依然として185kgの巨漢兄弟子に“鼻クソを擦りつける”のが精いっぱい!ピクリともしない兄弟子に力の限りぶつかり、呼吸困難になりながら、稽古場のハメ板の前にしゃがみ込む毎日だった。

 休む間もない新弟子修行のある日、夕食の買い出しの帰り道。ファストフード店に入ったダヴァの目に飛び込んできた光景とは…?

 ライブ相撲マンガ「白鵬本紀」第10番「過酷な新弟子修行」は、7月5日発売の「週刊アサヒ芸能」7月15日号に掲載。はっけよい!!

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日本ハム「やればやるほど赤字」東京ドーム試合やめた!釧路も帯広も静岡も「全中止」の衝撃
2
木村拓哉がウーバー配達員に…「ゴゴスマ」サプライズ出演で大阪府民が大激怒
3
「中絶トラブル」広島カープ・中村奨成が成績ナシでも「年俸100万円ダウン」で済んだ理由
4
日本ハム・新庄監督と「ケンカ別れ」金子誠コーチのロッテ入りで「遺恨バトル」勃発
5
局員激白!加藤浩次「スッキリ」が打ち切られる「本当の原因」