スポーツ

「お嬢様ボートレーサー」最新報告「富樫麗加でございます!」/準優勝戦当日にペラを水面に落として…

 山田祐也クン(徳島、A1級)、G2初制覇おめでとうございます!

 7月4日、同期の山田クンがG2「三国モーターボート大賞~昭和平成無差別マッチ~」(@ボートレース三国)で、1コースから逃げ切り、特別戦でも三国でも初となる優勝(通算15回目)を飾りました~。

 私は「平和島レディースカップ」(7月1日~6日/@ボートレース平和島)に出場していたので、宿舎に戻ってからリプレイを見て優勝を知ったのですが、1周目の1マークは一瞬、ヒヤッとしましたね。

 山田クンはコンマ13の好スタートでしたが、3コースの中島孝平さん(福井、A1級)がさらにその上をいくコンマ09のトップスタート。中島さんがボートを合わせてきて、それでも伸び返して突っ張り、先マイを決めました。

 これで来年3月に開催されるSG「第57回ボートクラシック」(@ボートレース大村)の出場権もゲット。16年の最優秀新人に選ばれている山田クンの、さらなる活躍が楽しみです。これからも112期への応援、よろしくお願いします!

 私も結果は5着でしたが「平和島レディースカップ」で優勝戦に進出することができました。

 実は5日目の2Rの前、プロペラを水面に落としてしまって。平和島は潜って探すことはできなくて、網のついた2メートルほどの棒ですくうこともできず‥‥。急いで「新ペラ」を叩いてレースに臨むというハプニングもありました(結果は2Rと準優勝戦ともに2着)。

 今週は乗りやすいイメージがあるボートレース児島(岡山県倉敷市)で開催されるG3「オールレディース 第33回瀬戸の女王決定戦」(7月13日【火】~18日【日】)に参戦するので、今度はプロペラを落とさないようにしっかりと気をつけます。

 そして来週の7月19日【月】から24日【土】まで、ボートレース住之江(大阪府大阪市)で「2021MBレディスカップ(ヴィーナスS第8戦)」が開催されます。

 私が注目するのは渡邉真奈美ちゃん(東京、B1級)です。

 6月のG3「オールレディース 江戸川女王決定戦KIRINCUP」(@ボートレース江戸川)では優勝戦に乗っていて、前記した「平和島レディースカップ」でも準優勝戦に進出。好調なレースが続いていますので、今回も思い切りのいい走りを見せてくれると思いますよ。

【富樫麗加選手「今後の出場予定」】

7/13~7/18 児島(G3)オールレディース 第33回瀬戸の女王決定戦

7/25~7/30 下関(G3)G3オールレディース ジュエルセブンカップ

8/4~8/9 浜名湖(G1)第35回レディース チャンピオン

富樫麗加(とがし・れいか):1989年11月8日生まれ。東京支部所属。112期。A2級。13年のデビュー後、白百合女子大卒のお嬢様レーサーとして一躍人気者に。17年5月、ボートレース下関で行われた「トランスワードトロフィー2017男女W優勝戦」で初優勝。21年3月、ボートレーサーの今泉友吾選手と結婚。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
2
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
3
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」
4
これで大逆転!吉岡里帆が「バスト公開映像」を解禁した「背に腹は代えられない事情」
5
フジ井上清華、割れ目クッキリ四つん這いで髪を振り乱し…「ヌケる!」未公開映像