芸能

大和田南那 AKBを卒業した理由は「お芝居が楽しいなと思って」

テリー 13歳っていうと中学生だ。「AKBに合格した」なんて言ったら、学校中が大騒ぎだよね。

大和田 いえ、全然です。逆にみんな触れてこないというか。卒業生の先輩方を送る会みたいなので、「せっかく南那ちゃんがいるんだからダンスの曲を踊ろうよ」って、きゃりーぱみゅぱみゅさんやE-girlsさんの曲を踊ったことはありましたけど。

テリー あ、そんなもんなんだ。男の子は寄ってこないの?

大和田 なかったです。私、中学生時代がいちばん男性が嫌いで。めっちゃガキだし、話が通じないなって思ちゃってたんですよ、とにかくうるさくて。だから高校生になって、芸能の高校だったんですけど、「男の人ってこんなにちゃんとしゃべれるんだ」って、メッチャ感動した記憶があります。

テリー そうか。じゃあ、たぶん、中学時代は男子が近づけないようなオーラを出してたんだな。

大和田 アハハ、そうかもしれないです。

テリー で、憧れてたAKBに入ったわけでしょう。実際に入ってみたAKBはどうだったの?

大和田 私、渡辺麻友さんがすごい好きで憧れだったんですけど、入った当初、所属したチームがまゆゆさんと一緒のチームで、「ヘビーローテーション」やシングルのカップリングとかも一緒にセンターで歌わせていただいたりして、すっごい幸せな時間でした。

テリー 怖い先輩はいなかったの?

大和田 そうですね。みんな先輩は優しかったです。

テリー ウソだな。

大和田 ウソじゃないです(笑)。1期生の方がたくさんいた時期は「もっと怖かったよ」とか、ちょっと上の先輩方から聞いたことはありますけど、私が入った時は、もう前田敦子さんとか、1期生の方々は皆さん卒業されてて。

テリー でも、たかみな(高橋みなみ)はいたよね。

大和田 いました。でも、メチャクチャ優しかったです。

テリー いや、それはおかしいな。峯岸(みなみ)は?

大和田 峯岸さんとも研究生になってた時期が一緒だったので、仲良くしてもらってました。

テリー AKBには何年いたの?

大和田 4年半ぐらいです。卒業したのが3年ぐらい前で。高校2年生の終わりとかですかね。

テリー やめた理由は何だったの?

大和田 私、AKBの中でも、お芝居の仕事をさせてもらうことが多くて。メンバーだけのミュージカルとか、「マジすか学園」っていうAKBのドラマがあったり。そういうのに出演させていただいて、お芝居が楽しいなと思って。アイドルの仕事より、お芝居をメインにしてみたいなと思ったのがきっかけで、卒業を意識するようになりました。

テリー でも、AKBって大きな看板を下ろすのは勇気がいるよね。

大和田 そんなに悩まなかったです。卒業を意識するようになってから1年もかからず、マネージャーさんに「卒業したいです」って言って、そこから何度か話し合いがあって、「じゃあ、いつにしようか」ってあっさり。他のメンバーにも相談しなかったですし。

テリー 強いんだね。

大和田 いやぁ。入った13歳の頃から、あんまり深く物事を考えてなかったからこそ、ストレスもプレッシャーも感じず、いろいろできてたのかなと思います。

テリー やめたあとは、どうだったの?

大和田 メチャクチャ新鮮でしたね。楽屋に誰もいないのも不思議だし。でも、当たり前なんですけど、本番前に気軽に話せる人もいないし、1人でやってるタレントさんって強いんだなって思いました。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
2
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」
3
瀧本美織、30歳誕生日で期待される“隠れ充実バスト”開放の濃密ベッドシーン
4
篠原涼子、「バスト揉まれまくり&舌入れキス」の衝撃映像にアクセス殺到!
5
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体