スポーツ

長嶋茂雄、「“自身を引退に追い込んだ男”に陣中見舞い」秘話を中日OBが放談!

 7月23日、巨人終身名誉監督の長嶋茂雄氏が、愛弟子である松井秀喜氏に伴われ、ソフトバンクの球団会長である王貞治氏とともに、東京オリンピックの開会式に聖火ランナーとして姿を見せた。長嶋氏は、野球日本代表監督に就任した2004年のアテネオリンピックにおいて本大会直前に脳梗塞で倒れ、本番では指揮を執ることができなかった。あれから17年。オリンピックの場で長嶋氏の姿を見ることができたことは、多くの日本人の胸を熱くさせたに違いない。

 さて、話はさかのぼるが、そんな長嶋氏が現役を引退したのは、1974年。引退セレモニーにおける「我が巨人軍は永久に不滅です」とのスピーチは、巨人ファンならずとも耳に覚えのある名セリフだろう。そんな長嶋氏を“引退に追い込んだ”人物がいた…といった興味深いエピソードが語られる番組があった。

 愛知県名古屋市にある中国料理店「ピカイチ」のYouTubeチャンネル〈ピカイチ名古屋チャンネル〉に、バッテリーを組んだ仲でもある中日ドラゴンズOBの木俣達彦氏と鈴木孝政氏が出演。今年3月6日付け投稿回〈【巨人ファン様熱烈歓迎!!】こんな鈴木孝政さん見たこと無い!あふれ出るミスター長嶋茂雄&思わず嫉妬の木俣達彦さん 今日は全編読売ジャイアンツな中日ドラゴンズのレジェンド師弟大放談♯26〉を観ると、ある試合において、狙い通りの鈴木氏のストレートを空振り三振してしまった長嶋氏が「オレもそろそろやめ時かな…」と、木俣氏に口にしたのだとか。

 これをもって木俣氏は、鈴木氏を指して、「長嶋茂雄さんを引退に追い込んだのは彼なんです」と淡々と語ったのだ。すると鈴木氏は「やめさせたなんて、そんな罪深いことはしません」と語ると場内が笑いに包まれるといった和やかな雰囲気だったのだが、思わず聞き入ってしまう秘話である。

 150キロ台の伸びのある鈴木氏のストレートに舌を巻いた長嶋氏は引退後、評論家として訪れた中日のキャンプで、鈴木氏に陣中見舞いとしてウイスキーを贈ったといったエピソードも明かされ、「私には何にもくれなかったけども…」と、ジョーク交じりに先輩・木俣氏は大いに悔しがって見せたのだった。

 ともあれ、ミスターの一挙手一投足は、今も、ファンのみならず、敵チームの選手でさえ魅了していたことがわかる動画であった。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
「矢野はなんちゅうことをしてくれたんや」阪神OBが嘆く佐藤輝明の「致命的な初期育成ミス」
3
楽天・西武・中日…3弱チームの共通点は「PL学園出身監督」高すぎるプライドに江本孟紀ダメ出し
4
「長嶋監督、怒ってなかった?」高橋由伸が耳を疑った巨人・阿部慎之助監督の「のん気発言」
5
北京五輪「世紀のエラー」G.G.佐藤に野村克也が贈った死の10日前の金言「お前の勝ちだ」