スポーツ

津田恒実さんのクセを見抜いていた!?原辰徳の男気秘話を達川光男が動画回顧

 去る7月20日は、1993年に32歳の若さで亡くなった元プロ野球選手・津田恒実さんの命日だった。津田さんは1981年にドラフト1位で広島に入団。82年のルーキーイヤーに11勝を挙げて新人賞に輝き、翌83年に最高勝率、89年に最優秀救援投手のタイトルを獲るなどして活躍した。「一球入魂」を座右の銘とした津田さんらしく、伸びのあるストレートでバッターに向かっていった強気の姿勢は今もなお記憶に新しいところだ。

 その津田さんにとって「生涯最後の相手」は、現巨人で監督を務める原辰徳氏だった。91年4月14日、津田さんのストレートを原氏は弾き返し、タイムリーヒットとしたのだった。

 そんな原氏と津田さんを巡り、元プロ野球選手の古田敦也氏のYouTubeチャンネル〈フルタの方程式【古田敦也 公式チャンネル】〉に、広島で捕手を務めた達川光男氏が出演し、バッテリーを組んだ津田さんに対しての原氏の「男気エピソード」が明かされたのだった。

 津田さんの命日である7月20日付け投稿回〈五十嵐が覚えている古田の言葉&達川が語る「原監督の男気」【キャッチャーズバイブル】〉でのことだが、津田さんが捕手のサインに首を振ると「100%ストレートだった」と振り返る達川氏。ある原氏との対戦において、津田さんが首を振ると、原氏は「達川さん、次、真っすぐですね。行きます!」と言ってホームランを打ったのだそうだ。

 達川氏が「原、何で(津田さんのクセを見抜いていたことを)言うたんや?」と訊ねたところ、「津田さんとは、いい戦いがしたいんで、次に来る球がわかって打ちたくないんです」と原氏は返したのだそうだ。「黙ってたら、ずっとホームラン打てたのに」と、達川氏は続け、その語り口から、スタジオの笑いを誘っていた。

 とはいえ、達川氏からは、津田さんの投球のみならぬ真っすぐな心意気、原氏の現役時代の貴重な「男気エピソード」を拝聴できた実に見ごたえのある回であった。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
真木よう子、「Gバストがお腹に乗ってる」なド迫力オフショットにファン騒然
3
木村文乃、“艶気なし”指摘を吹き飛ばす「前かがみ水着バスト渓谷」の破壊力!
4
本田望結、ボディ成長と美人化がどんどん進む!ファンも困惑の“ノビシロ”
5
皆藤愛子“復活”で注目を集めた色白“透け衣装バスト”の膨らみ具合