芸能

NHKの“紅白人選”は目玉も、大ヒット曲も、話題性もゼロ

20131212f

 目玉も、大ヒット曲も、話題性もゼロ! NHK「紅白歌合戦」が非常事態だ。しかし気になるのは、マンネリ出場者よりも落選や出演拒否の面々だったりして‥‥。

 11月25日、NHK放送センターで紅白出場歌手が発表されたが、サプライズと言えるのは初出場となる泉谷しげる(65)のみだった。

 芸能デスクが言う。

「サザンオールスターズ、ユーミン、復活したザ・タイガース‥‥、期待された大物ミュージシャンの名前は皆無。正直、今年の紅白は期待薄です」

 下馬評では、折しも明治天皇の玄孫・竹田恒泰氏(38)との熱愛の噂が発覚した華原朋美(38)の当落にも注目が集まったが、

「5年ぶりの芸能界復帰という話題との合わせ技で、紅白復活なるかと報道陣も注目していました。記者会見では『(竹田氏と)年内は交際しない』などと思わせぶりな応答で話題性をつないだり、元恋人の小室哲哉(55)とのFNS歌謡祭での番組共演を快諾するなど話題作りにご執心だった。それでも、NHKサイドには見向きもされなかった」(前出・デスク)

 華原は紅白落選が決まるや、すぐさま竹田氏との交際を完全否定している。

 さらに、今年は大物歌手の急逝が相次いだことでサプライズ映像を流す企画も浮上したというが、

「急逝した島倉千代子や、8月に投身自殺した藤圭子など、昭和歌謡を支えた大物の追悼企画が持ち上がったようです。とはいえ、娘の宇多田ヒカル(30)に帰国の意思はまったくない。故人を映像で振り返る企画についても、元夫の宇多田照實氏から許可が下りず、企画が頓挫してしまった」(前出・デスク)

 しかし、大みそかの歌の祭典だからこそ、昭和を彩った歌手の「追悼コーナー」があってもいいはずだろう。日本歌手協会理事で「紅白歌合戦の舞台裏」の著書もある合田道人氏も、今年の紅白の人選に疑問を呈する。

「恐らく、故・岩谷時子作詞の『愛の讃歌』は美輪明宏が歌うのでしょう。でもそれなら、島倉千代子や田端義夫も誰かが偲ばないといけないのでは? せっかく追悼するのでも半端な形になるのはいけないと思います」

 また、今年のNHKといえば、「あまちゃん」だろう。番組を彩った「潮騒のメモリー」も、今のところ歌われる予定はないというが‥‥。

「何よりも老若男女が知っている今年の歌といえば『あまちゃん』の『潮騒のメモリー』しかありません。せっかく国民的大ヒットとなったのに、その曲を小泉今日子(47)や薬師丸ひろ子(49)が歌わなければ意味がありませんね」(前出・合田氏)

 視聴者からの声などまるで無視。これでは「皆様のNHK」という看板は下ろしたほうがよさそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
2
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった
3
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
4
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
5
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴