政治

河村たかし市長、金メダル“ガブリ”に「コロナ対策にも疑念湧く」の指摘

 東京五輪・ソフトボールで金メダルを獲得した日本代表の一員で愛知県名古屋市出身の後藤希友投手が8月4日、名古屋市役所を表敬訪問し金メダル獲得を報告。ところが、そこで名古屋市の河村たかし市長がとったのが予想外の行動だった。

「名古屋のテレビ放送を見ましたが、金メダルを首にかけてもらった河村市長は『重たいな』とつぶやくと、マスクを外して突然金メダルをガブリと噛んだんです。その瞬間、『え!?』と目を疑いましたよ」(テレビ誌ライター)

 市長の行為はSNS上でたちまち拡散。〈オッサンに大切な金メダル噛まれるなんて…考えただけで気持ち悪い〉〈平時だってあり得ないのに、コロナ禍にそんなことするなんて〉〈政治家のコロナに対する衛生意識の低さがよくわかる〉〈メダルはアスリートにとって一番の宝物でしょ。それを汚すなんて〉〈メダルを新品に取り替えてあげてほしい〉〈名古屋の恥さらし!〉〈名古屋市民はリコールすべき!〉と、非難が殺到している。

「メダル授与式でメダリスト本人が自分のメダルを噛むパフォーマンスはよくある光景ですが、さすがに他人が噛みつくのはあり得ないでしょう。河村市長がメダルを噛んだ瞬間、会場からは笑い声が上がりましたが、後藤投手は一瞬びっくりしたような表情を見せていました。市長は笑いを取って場を和ませる意図で噛みついたのでしょうが、どうしても笑いをとりたければ、せめてフリだけでとどめておくべきでした。コロナ感染対策についても、様々な対策を指揮する立場なのに、本音のところでは真剣さに欠けているのではないかという疑念まで湧きあがらせ、その意味でも市長としての信頼を失いかねない行為です」(スポーツライター)

 名古屋市役所にも河村市長に対する抗議の電話が殺到し、河村市長は同日夜、「最大の愛情表現だった。金メダル獲得は憧れだった。迷惑を掛けているのであれば、ごめんなさい」とコメントしたが、軽い言葉での謝罪の言葉とは裏腹に、アスリート界など各方面に批判の声は広がっている。

(石見剣)

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
3
これで6億円!? 巨人・坂本勇人の適正年俸を算出したら…来季からは「代打要員」に
4
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
5
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった