政治

河村たかし市長に「名古屋の恥!」地元民からも総スカン?収まらない“大炎上”

 東京五輪女子ソフトボールの後藤希友投手の金メダルに噛みついた、河村たかし名古屋市長への批判が収まらない。

 河村氏は8月4日、名古屋市役所を訪れた後藤投手の活躍をたたえたが、その際、首にかけてもらった金メダルにかぶりついたことで一斉に猛批判を浴びることに。競泳五輪2大会連続2冠の北島康介氏はツイッターで「そもそもなんで表敬訪問しなきゃいけないのか。僕はメダル噛んだことありません」とバッサリ。柔道60キロ級で金メダルを獲得した高藤直寿も「動画見たけど、『カンッ』て歯が当たる音なってるし。自分の金メダルでも傷つかないように優しく扱ってるのに。俺だったら泣く」とツイートするなど、複数のアスリートからダメ出しが続出。後藤選手が所属するトヨタ自動車までもが「不適切かつあるまじき行為」とコメントを出す事態となった。

「批判にさらされた河村氏は、お詫びとともに『最大の愛情表現だった』と釈明したことが報じられましたが、これがまさに火に油状態を招きました。当然、ネット上では《気持ち悪い》《恐怖でしかない》《噛みつくのもそうだけど、愛情表現とかもズレ過ぎ》といった辛辣な声のオンパレードで、今も炎上は広がり続けています。そうした中、これに乗じて名古屋市民をも悪く言うような心無い声まで出始め、地元民からは河村氏を《名古屋の恥》とする呆れ返った指摘も出て総スカンの空気まで流れ始めているようです。河村氏は4月に5選を果たしたばかりで、11年の再選から数えて4期目。世間的には絶大な支持を集めているという印象があるだけに、選んだ多くの地元民は“勘弁してくれ!”の心境でしょう」(ネットライター)

 河村氏は、しばらくよけいな弁明をしないほうがいいかもしれない。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…
5
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?