スポーツ

槙原寛己、”胸のつかえを取ってくれた”長嶋監督「人心掌握術」を動画回顧!

「巨人三本柱」として活躍した元プロ野球選手の槙原寛己氏が、巨人の後輩でもある元プロ野球選手・上原浩治氏のYouTubeチャンネル〈上原浩治の雑談魂〉に出演。槙原氏は、選手時代の名声のみならず、わかりやすく、かつ流ちょうな話し方から野球解説者としても定評がある。また講演会でも活躍しており、部下の心を動かす人心掌握術を披露しているそうが、その中で欠かせないのが、ミスターこと、当時の長嶋茂雄監督からかけてもらった言葉のようだ…。

 同チャンネルの8月16日付け投稿回〈【前代未聞】ある意味バックスクリーン3連発よりも恥だった槙原寛己さんの大失態〉で明かされたことだが、槙原氏の心をザワつかせたエピソードとして思い返されるのは、FA権を得た1993年シーズンオフのことだという。

 巨人球団からの申し出がなく、不信感からFA権を宣言。その後、長嶋監督がバラの花束を持参して槙原氏の自宅を訪れたのは有名な話で、槙原氏がみずから出向くことを口にしても、長嶋監督は、「オレがお前の所に行って交渉するのが大事だ」と言ったという。

 これがきっかけで槙原氏は巨人残留を決めている。その後、槙原氏は98年からクローザーに転向しているが、本当は200勝を目指して先発したかった槙原氏。ピッチングコーチの申し出にOKは出したが、心はモヤモヤと…。

 そこに長嶋監督が現れ「受けてくれたらしいな、ありがとうな」。この一言で「スッと胸のつかえが取れた」と振り返った槙原氏は、「気持ちよく人を動かすって言うのも、最後、トップの言葉がすごく大事なんですよ」と講演会では話して聞かせるのだとか。

 プロ通算159勝、先発に固執していれば「200勝達成」もあり得たかもしれない槙原氏にクローザーを決意させた長嶋監督の思いやりのある言葉とエピソードを拝聴できた。折しも、8月22日に巨人に移籍し初本塁打を放った中田翔を、試合前に激励したと長嶋氏の姿とも重なるような、見ごたえのある回であった。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
4
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
5
美女雀士・岡田紗佳の「激震しすぎる放送事故」で画面が緊急チェンジ!【2024年6月BEST】