女子アナ

宮根誠司も太鼓判!フジ若手・佐久間みなみ、「一人が好き」な“ハイスペック素顔”

 フジテレビ系で日曜22時から放送されている「Mr.サンデー」。アシスタントキャスターの三田友梨佳アナが夏休みのため、9月19日の放送は同局のある若手女子アナが代打を務めたが、かなりの高評価を得ているという。

 ちなみに、2010年4月スタートで、宮根誠司が司会を務める同番組のアシスタントキャスターは初代が滝川クリステル、14年4月からの2代目は椿原慶子アナ、そして19年4月からは三田アナが担当。過去にアシスタントキャスターの長期休暇などにおいては、なかなか豪華な代役が登場して、現在はフリーの加藤綾子、佐々木恭子アナ、宮司愛海アナ、井上清華アナといった、実力者の名前がズラリと並ぶ。

 今回の代打にフジ上層部が指名したのは入社2年目の佐久間みなみアナ。清楚系の物静かな印象だが、新人とは思えぬ毅然とした所作で、宮根からのフリにもあわてることなくそつなく対応した。番組を見ていたというマスコミ関係者が語る。

「大抜擢と言っていいでしょうね。宮根といきなり組ませるとは上層部は相当の期待をしているはずです。9月13日には三田アナのレギュラー番組『FNN Live News α』(月曜~金曜の深夜)のピンチヒッターも務めていました」

 そんな佐久間アナは愛知県名古屋市出身。上智大学国際教養学部を卒業。12歳から16歳までアメリカで過ごした帰国子女で、TOEICはなんと945点をマーク。まさに才色兼備だが、番組内で物おじしないのも過去の海外生活の賜物だろうか。別のマスコミ関係者にも聞いてみた。

「宮根さんの番組回しについていけるか?と思っていましたが、心配無用でしたね。見た目はお人形さんみたいなとてもかわいらしい女の子。すぐに男性ファンが増えそうな気がします」

 フジ公式HPのアナウンサープロフィールによると、趣味の項目に「一人映画、一人カラオケ」、お休みの過ごし方に「とにかくのんびり、一人の時間を過ごすこと」。そんなに「一人」を強調しなくてもと思ってしまうが、しばらくは仕事にまい進すると心に決めているのかもしれない。

 その気持ちの強さが伝わったのか、「Mr.サンデー」の最後に宮根が「入社2年目!? 堂々としてるね。フジテレビの大谷翔平だよ」と声をかけたように、早くも大御所のお眼鏡にかなった模様。要注目アナと言えそうだ。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「旧姓の印鑑を即捨て」「服は10着だけ」北川景子のプロフェッショナルな「処分&整理力」が潔すぎる
2
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」
3
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
4
「手で隠すなら出すな!」梨花が非難を浴びた「ボタン全開バスト」の中途半端な見せたがり
5
「ポスト水卜麻美」で岩田絵里奈を脅かす!日テレ・杉原凜「癒しDバスト」貴重映像