スポーツ

日本名輪会・山口健治の「江戸“鷹の目”診断」/深谷が逃げて脚を使えば山田英が逆転

【「青森記念」ヤマケンが注目する「決勝戦進出」有力候補12人!】◎深谷知広/○山田英明/▲吉田敏洋/△河端朋之/東口善朋/岡村潤/武田豊樹/永沢剛/坂本貴史/吉澤純平/嵯峨昇喜郎/上田尭弥

 つけられる先行が見当たらなくても、直線でコースを探し出し、伸びてくるのが追い込みの名手である。

「青森記念」(9月23日【木】~26日【日】)で、突出しているのが深谷知広だ。共同通信社杯に出走できなかったのは選考条件を満たさなかっただけ。ここは深谷からの2着探しとみたが、展開しだいでは、わずかだが波乱の決着もありそうだ。

 本命の深谷は、6月から“競輪”に復帰。まだ優勝はないものの、スピードは群を抜く。1カ月近いレース間隔もプラス材料。圧勝劇まであるのではないか。

 対抗は実績から山田英明しかいない。前々走の小倉は、FIとはいえ今年の初優勝。深谷が逃げて脚を使うようならゴール前届く。

 前々走優勝している▲吉田敏洋と、△河端朋之は、あっても2着までだろう。

 地元勢では嵯峨昇喜郎がGIIIの準決勝突破にもう一歩と強くなってきた。レースを覚え、先行するにしても緩急をつけられるようになってきた。青森の先輩ががっちりガードするだけに、勝ち上がりのチャンスもある。

 近畿に自力型が少なく印は回らなかったが、東口善朋は怖い存在だ。直線のコース取りはまさに名人芸で、3番手があれば本領を発揮する。

【大穴この1車】

 柴崎俊光(三重・91期)。

 いかにも追い込み選手らしく、直近成績は1着1回に2着が6回。今年はGIIIを3シリーズ走っているが、圧巻だったのは準決勝に乗った8月GIII川崎(【4】【2】【9】【3】)。2次予選2着は3万、最終日3着は北日本ライン3車に割って入り、7万9240円だった。FIでは26万(3月奈良、1着)、15万(5月松山、3着)に絡んでいる。高配当は定石どおり筋違い。2、3着に頑張るかどうかだ。

【狙い目の伏兵3人】

 ここは115期の3選手に注目。その1番手は岩谷拓磨(福岡)だ。富山県出身で高校時代は陸上競技で活躍していたが、競輪選手を目指し、父の友人でもあった吉岡稔真さんに弟子入り。昨年11月に特昇したあとは、GIIIで2度準決勝に進出している。競走得点は105点オーバーと高く、予選はクリアできる。

 藤井侑吾(愛知)は、S級2場所目の8月GIII富山(【2】【1】【2】【3】)が出色の競走だった。2着が多いのは脚にスタミナがあるから。本格化するのはこれからだ。

 武田亮(東京)は、初めて伏兵に取り上げた8月山口健治杯で【1】【4】【1】と期待に応えてくれた。2度目のGIIIも先手を取るだけだ。

山口健治(やまぐち・けんじ):1957年1月、東京都荒川区生まれ。競輪学校38回生卒業チャンピオンとしてデビュー。主なタイトルは日本選手権、競輪祭(2度)。09年1月引退。現在「スポーツ報知」評論家。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
2
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」
3
瀧本美織、30歳誕生日で期待される“隠れ充実バスト”開放の濃密ベッドシーン
4
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
5
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!