スポーツ

槙原寛己「セットポジション推奨」動画に“トークは振りかぶっている!”指摘

「ワインドアップ」とは、野球におけるピッチャーの投球動作の1種である。アニメ化もされた人気漫画「巨人の星」の星飛雄馬や、同じく「侍ジャイアンツ」の番場蛮の、「大きく振りかぶった」投球動作は格好よく印象的で、かつては「ワインドアップ」が主流で、ランナーを背負うと「セットポジション」に移行するスタイルが多かった。

 しかし、昨今では、メジャーで活躍する大谷翔平、菊池雄星、ソフトバンクホークスの千賀晃大など、ランナーの有無に関わらず、「セットポジション」で投げるピッチャーが増えているようだ。

「セットポジション」と言えば、「巨人三本柱」で活躍、1994年には完全試合を達成した、槙原寛己氏。当時の先発ピッチャーでは珍しく、「どんな時でもセットポジション」のハシリであったかもしれない…。

 その槙原氏が、みずからのYouTubeチャンネル〈ミスターパーフェクト槙原〉の、9月13日投稿回で、「セットポジション」を選んだ理由を振り返っている。

 1つは、投球動作を少なくすることにより、球種のクセをバッターが読みにくくするため。もう1つは、例えば球種が4種類であれば、「ワインドアップ」「セットポジション」「クイック」と計12通りの投球練習をしなければならなくなるとのことで、その手間を省くため。そのためにも「セット推奨派」だと主張したのである。

 さらには、「完全試合やった人で、歴代、アメリカも日本も含めて、セットポジションで投げたの、僕だけですもんね」と、少々得意げな表情も浮かべた槙原氏に、〈トークは思いっきり振りかぶっていますね〉といった洒落心のわかる視聴者のコメントも。

 時代を先取りしていた槙原氏の興味深い話が拝聴できる、見ごたえのある回だった。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
2
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
3
【CNNも報道】想像上の生物が実際に目撃されて大騒動に!アメリカに出没する「ミシガン・ドッグマン」の映像分析
4
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
5
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」