芸能

のん、YouTube開設も“男たちの存在”に辛辣意見が殺到!

 9月20日、女優・のんが自身のYouTubeチャンネルを開設。記念すべき最初の動画では、同チャンネルのタイトルを決めた。

「1本目の動画では、のんが撮影チームの男性スタッフたちとチャンネルタイトルの会議をすることに。そこでは、スタッフから『のんの遊び場』『のんTube』『のんとの遭遇』など様々な候補があがるなか、最終的にのんが考案した『のんやろが!ちゃんねる』に決定しました」(テレビ誌記者)

 そんなのんのYouTubeは、カメラの向こう側にいる関西弁男性スタッフが、彼女とコミュニケーションを取りながら進行する流れとなっている。だがスタッフの発言が前面に出すぎているためか、ファンの間では、「透明感のあるのんちゃんに対し、押しの強いおじさんたちがミスマッチすぎる」「騒がしい男たちの声をテロップに変えた方がいいのでは?」「周りの大人の入れ知恵ではなく、のんちゃんの個性が生きるよう、彼女の思うようにやってほしい」などと、厳しい意見が相次ぐ事態となっているのだ。

 また、動画ではのんが、周囲の大人たちに遠慮してしまっているような姿もあったという。

「過去にメイクさんから、指が白魚のようと言われた経験から、彼女が『のんの白魚チャンネル』というタイトルも考案。しかし、その場にいた男性スタッフから『(その名前にすると)白魚見た?って言われてしまうんですよね』と指摘され、『あ~そっかそっか』とすぐに撤回するなど、遠慮しているかのような場面も見られました。のんといえば、天真爛漫なイメージが売りの女優でもあるため、ファンは“もっと伸び伸びと自由にやらせてあげてほしい”と思ってしまったのでしょう」(前出・テレビ誌記者)

 のん1人だとグダグダになってしまうことをスタッフは危惧したのかもしれないが、ファンは彼女メインの動画を期待していたようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「日本沈没」最終話を前に視聴者離れが起き始めた“3つの原因”
2
NHK林田理沙、突如のバスト強調にファン騒然!ついに出世街道スパート開始?
3
水卜麻美アナ、先っちょが浮き出てる!?視聴者を騒然とさせたバスト張り出しシーン
4
後藤真希、写真集オフショット動画に男性スタッフが「布面積が少ない」驚愕!
5
NHK桑子真帆、光沢ブラウスでユサユサ!「バスト強調」加速でフリー転身説が再浮上