スポーツ

巨人・阿部慎之助、キレキレ打撃練習でファンから噴出した「現役復帰」待望論

 プロ野球ペナントレースがいよいよ大詰めを迎えるなか、巨人は10月5日から、阿部慎之助2軍監督を1軍作戦コーチに配置転換させた。

 その阿部が、6日に投稿された巨人の公式インスタグラムに登場。神宮球場での試合前にティーバッティングする動画がアップされている。

「打撃投手がトスをする球を的確に捉えバットを振りぬく様子は、現役時代そのまま。引退からまだ2年しか経っていないことから当然と言えば当然なのでしょうが、さらに驚かされるのは体型です。2軍監督1年目より明らかにスリムになり、引退前の現役時と比べても、今の方が絞れている。どうやら昨シーズンオフにかなりのダイエットに励んだようで、今年の春の時点で108キロから17キロ減に成功し、プロ2年目時まで体重を落としていたことも報じられていますね」(野球ライター)

 インスタにもハッシュタグで「♯キレキレ」と綴られており、ファンからはその体型とスイングに大反響が巻き起こった。

「ネット上では《慎之助戻ってきて!》《もはや出たらいい》《代打で出てくれ》、さらに《小林より打てる》などと、打率1割そこそこの小林誠司捕手より“ぜんぜんマシ”と皮肉る声も出ており、優勝争いから陥落したいま、シャレにならない話題として阿部の復帰待望論が巻き起こっているようです。ちなみに、引退後に現役復帰を果たしたプロ野球選手は、最近では新庄剛志が話題となり実現しなかったものの、過去には阪神の藤村富美男、巨人を退団、引退後にオリックスに復帰したタフィ・ローズの例があるなど、ない話ではありません。次期監督としても名前が挙がる阿部だけに、プレイングマネジャーとして復帰すれば、大いに話題になるでしょうね」(前出・野球ライター)

 その前に、巨人が原監督のもと、最後の意地を見せファンの怒りを鎮められればいいが。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え