スポーツ

森繁和、日本シリーズ史上初「継投完全試合」舞台裏トークの臨場感が凄い!

 西武ライオンズ一筋の元プロ野球選手・森繁和氏と言えば、1983年に最優秀防御率に輝く功績もさることながら、コワモテで、男気ある印象が強い。

 引退後、2004年シーズンからは中日ドラゴンズの監督に就任した落合博満氏から要請を受けて、一軍投手コーチに就任。落合監督を支え、4度のリーグ優勝、1度の日本一に貢献した人物である。

 その1度の日本一は07年、セ・リーグで2位ながらもクライマックスシリーズで勝ち上がり、日本シリーズでは北海道日本ハムファイターズ相手に4勝1敗と圧倒する展開となった。

 そして、11月1日に行われた締めの第5戦。中日の山井大介氏が8回まで完全試合、9回のマウンドに上がった岩瀬仁紀氏も三者凡退に切って落とし、NPB史上初の継投による「1‐0」での完全試合となったのだった。

 この日のことをYouTubeチャンネル〈プロ野球OBクラブチャンネル〉の、9月30日投稿回で森氏が振り返っている。

 動画によれば、5、6回あたりで山井氏の指のマメがつぶれ出血しているのを知っていた森氏。しかし、完全試合がかかっているだけに、代え時は難しい。

 ところが、8回を終えた山井氏みずから「岩瀬さんに任せます」と言われ一安心したという。…が、完全試合は継続中。森氏は、交代した岩瀬氏に「岩瀬、普通に行こうや」と、マウンドで声を掛けたそうだが、「もうオレが普通じゃないもんな。そんなことオレ言わないもん。よけいなこと言った…」と気づいたのだと、スタジオの笑いを誘ったのだった。

「どうやって観ていたか、あまり記憶ない」とも回顧した継投での完全試合。強気に見える森氏をもってしても、ものすごい緊張が走った試合だったことが伝わってくる臨場感あふれるトークであった。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
2
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
3
松本人志を罵倒、浜田雅功に暴行で“一世一代の大勝負”に出た芸人!/坂下Dの「地獄耳」芸能
4
清原和博の新庄監督批判がますます浮く?江夏豊・田淵幸一の「太鼓判」発言
5
伊藤沙莉、「マッパで“美バスト”を揉まれる」ベッドシーンの艶気が大絶賛!