スポーツ

元阪神・片岡篤史、“引退覚悟”時に恩義を感じた「岡田監督の言動」を動画回顧

 今シーズンでの引退を発表した、松坂大輔(埼玉西武ライオンズ)。プロデビュー初戦となる対日本ハム戦の1回裏、選球眼に定評のある片岡篤史氏を豪快な空振り三振に切って落とし、よろけさせたシーンが印象的で、この映像が松坂の剛腕ぶりを示すうえで、よくテレビに繰り返し流れたものだ。

 その片岡氏が、自身のYouTubeチャンネル〈片岡篤史チャンネル〉で、後に阪神タイガースに移籍し、自身が引退した2006年を振り返り、当時の岡田彰布監督のある言動に感謝の念を寄せる回を投稿した(10月24日付投稿回)。

 片岡氏いわく、06年7月の対横浜ベイスターズ戦において、相手の打球を片岡氏が2度もエラーし、それがきっかけで2点を奪われた試合があったそうだ。

「『2対1』で5回終わって、大雨降ったの。そこでコールド負けしたの。そんな時ある…?そん時に、神のお告げだと。『もう辞めろ』と言われてると思って」と、相当ショックで、このまま引退しなけれいけないと思ったぐらいだったといいう。ところがその後、片岡氏に「もうしばらく(試合に出るの)キツイやろう。もうしばらく使わへんわ」と飄々とした様子の岡田監督。ベテランの域に差し掛かったがゆえか、次に取り返してやろうといった気概は生まれなかったことから、ホッとしたと振り返っている。

 その年の阪神は優勝から離されており(結果はリーグ2位)、ある朝のスポーツ新聞に、“片岡落とせ”という内容の記事を見つけた。ところがそれに対して岡田監督は「いや、片岡落とすということは、優勝をあきらめるということや」とコメントしたのだとか。

「野球人生の最後を、こういうこと言っていただいたということで、岡田監督には恩義を感じるね」と感慨深く振り返った片岡氏。

 岡田監督の心温まる話が拝聴でき、ホッコリできる秘話であった。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
爆弾投下で朝ドラ降板も!浜辺美波を襲う「男スキャンダル」大暴露予告の心身異変
2
水着写真で判明!藤田ニコル「おマタの膨らみ」に向けられた「アノ疑惑」に出た結論
3
本田望結が“オトナ”を意識し始めた?海辺の強調ボディ「ビックリ成長具合」
4
松岡茉優がM字開脚でDカップを揉みしだく!問題作の「過激プレイ」で噴出した「フルオープン」熱望論
5
稲村亜美、ゴルフ対決で本気を出した豪快“黒パン”見せと“みっちり”縦スジ