芸能

やらかし美女アナの「肉弾リベンジ」大作戦(3)ステマ騒動を引きずるフジ・三田友梨佳

 フジテレビ・三田友梨佳アナ(34)はステマ騒動をいまだに引きずっていた。同局関係者が明かす。

「自身の写真が美容室の宣伝に使われていたことで、井上清華アナ(26)、久慈暁子アナ(27)らとともに『ステマ疑惑』が報じられ、今年6月に謝罪文を発表した三田アナは、今も局内での信頼を回復しきれていないんです」

 その影響は報道特番にも。

「10月31日に衆院選の選挙特番『Live選挙サンデー』が放送され、加藤綾子(36)と宮根誠司(58)がキャスティングされたのですが、少し前まではフジの『報道の顔』である三田アナが単独MCを務めると言われていたんです。結局、彼女は開票キャスター。ステマ騒動が“降格人事”に影響したのは明らか」(フジ関係者)

 局内では永島優美アナ(29)や宮司愛海アナ(30)といった「ステマ非関与組」が厚遇される状況で、

「騒動以来、三田アナの表情は暗いまま。最近の彼女は『ママタレモデルの仕事に憧れる』なんて言っている。何の気なしに出た言葉かもしれませんが、この境遇から一刻も早く抜け出したいという気持ちを感じさせます」(フジ関係者)

 TBS・出水麻衣アナ(37)は「超・肉食派」宣言だ。

 元カレ2人が立て続けにフジ・椿原慶子アナ(36)、加藤綾子と結婚し、一部で「寝取られアナ」と呼ばれるまでに。さぞかし落ち込んでいるかと思いきや──。

「彼女は自分から『連続寝取られ』を話のネタにするぐらいで、まったくヘコんでいない。逆に『もっと肉食派にならなきゃ』と、次の恋に向けて清々しいほど前向きです」(TBS関係者)

 日本テレビ・笹崎里菜アナ(29)には「倍返し」の兆候が。学生時代のホステスバイトが原因で内定を取り消され、訴訟の末に入社を勝ち取った。ゴタゴタが尾を引いているのか、入社7年目の現在まで、目立った番組起用はない。そんな笹崎アナについて、「復讐予告とも取れる『意味深ツイート』をしたんですよ」

 こう語る日テレ関係者がその真意を明かすには──、

「9月19日、彼女は自身のツイッターに『発覚とは隠していた悪事や秘密、陰謀が明るみにでること‥‥隠していた‥‥(※原文ママ)』と投稿。このツイートは削除されましたが『日テレにとって不都合な情報を暴露するつもりでは』と局内を騒然とさせました」

 清廉性に欠けても、見応えは十分。十人十色のリベンジ成就を見守りたい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
プロ野球「隠ぺいされた不協和音」ワースト7(3)原采配のシワ寄せを受ける巨人・坂本勇人
5
「サンモニ」上原浩治にも“不要論”関口宏・達川光男“噛み合わない騒動”の波紋