芸能

島崎和歌子、今は絶対NG?アイドル時代に出演していた“赤面CM”

 タレントの島崎和歌子が、11月14日放送の「上沼・高田のクギズケ!」(読売テレビ)に出演。アイドル時代を振り返る場面があった。

 番組中、「髪型へのこだわりや悩み」がトークテーマとなり、アイドル時代にショートカットだった当時の写真が紹介された島崎。

 ずっとロング髪に憧れがあったと言い、「一生懸命伸ばして、それからずっとトリートメント、40歳過ぎてからはヘッドスパをやっています」と明かした。

 MCの高田純次から「今でもショートカット似合うんじゃない? 髪の毛切りたくない?」 と聞かれ、「髪の毛短いほうが手入れが大変じゃないですか。マメにカットしなきゃいけない」と返答。さらにMCの上沼恵美子が、島崎のデビュー曲「弱っちゃうんだ」(1989年)のタイトルが変だと指摘し、「断ればよかったのに」と言うと、「今は口が悪いですけど、あのときは言えないじゃないですか。でも『弱っちゃうんだ』で、私を売る気あるんか?と…」と当時の複雑な心境を振り返り、 スタジオを笑わせた。

 そんな中、ひな壇で島崎の隣に座っていたナジャ・グランディーバが「CMも“チンチンポテト”っていうのやらされてなかった?」と質問。島崎は「そうなんです。よく知ってるね!」と大笑い。ナジャは「アイドルがデビューしてすぐ“チンチンポテト”っていうCMをやらせます?」と驚いていた。

「“チンチンポテト”とは、ロングセラー商品である『マイクロマジック』の通称で、電子レンジで“チン”して食べる冷凍フライドポテト。光GENJIも当時この商品のCMに出演していましたが、『僕のポテトはチンチンチン』などと歌い、島崎も別バージョンに出演。『レンジでチンするチンチンポテト!』などと叫んでいるんです。おそらく今では無理なんでしょうね」(芸能ライター)

 アイドルとしては売れなかった島崎だが、その後バラドルとして成功し、30年にわたり 「オールスター感謝祭」(TBS系)の総合司会を続けている。芸能界は誰がどう売れるかわからない。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
加藤紀子の横バスト写真が艶すぎ!“蛭子能収も惚れたFカップ”が進化したッ
2
江川卓が「不思議でしょうがない」首を傾げる大谷翔平のプレースタイル疑問点
3
藤原紀香、ドレス胸元から“Fバスト渓谷”魅せ!深さと長さに過去最高の評価
4
前澤友作との交際報道で梅村妃奈子ファンの間で飛び交った“冷ややかな納得”
5
石川佳純のニット姿がキュートすぎ!引き締まったボディの“バスト変化”とは