芸能

筧美和子 恋愛は「好きな人ができたら、とことん好きになる」

テリー 彼氏に料理は作ってあげてるの?

 いや、作る相手がいないので(笑)。

テリー ウソだよ。この7年、何にもなかったなんてことはないでしょう。

 なくはなかったですよ。でも、そんなに多くもなかったですし、なかなかそういうことにはならなかったですね。

テリー なんで? だって、疲れて仕事から帰って来たら誰かに甘えたいとか、相談したいとかってあるじゃない。

 もちろん寂しい瞬間はありますけど。

テリー そういう時はどうするの?

 ビール飲んで寝ます。

テリー あ、そう(笑)。寂しい時に手酌ってのもなぁ。

 でも一時期は周りがどんどん結婚したり、自分もそういう年齢になって考えたんですけど、焦るのも何か違うなと。だから今は、時の流れに身を任せればいいかなと思ってます。

テリー 今まではどうして別れが来ちゃったの?

 どうしてって(笑)。私がちょっと真面目になりすぎちゃうんですかね。なんか許せないところが出てきたり。

テリー 浮気ってこと?

 いやいや、そういうのではないんですけど。考えが軽いというか、浅いというか、そういうのに気付いちゃった時に、どんどん気持ちが離れてしまって。

テリー あぁ。でも男ってだいたい軽いから。そこが許せないと、これからもロクな男に出会えないよ。そういうところを面白がってあげるというか、面白さを引き出してあげないと。

 ふーん、なるほど。でも、まだ、そんな上級なことはできないですね。

テリー まぁ、27歳で焦る必要はないしね。

 でも、好きな人ができたら、とことん好きになるので、「その時は結婚します」って、もうマネージャーさんには伝えてます。

テリー へぇ、それは格好いいな。

 でも、好きな人ができてもできなくても、仕事は変わらずやっていくつもりなので、どっちでもいいかなと思ってるんですけど。

テリー いや、それはほんとにいいと思うよ。別に結婚して一度芸能界から離れたって、また戻りたければ戻ればいいんだし。鈴木保奈美さんとかもさ、一時期は家庭に入ってたけど、また最近、活躍してるじゃない。

 そういう場面になった時に、ちゃんとベストな選択ができるように、今はしっかりと経験を積んでおかなきゃなって思ってます。

テリー エラいなぁ、しっかりしてるよ。俺が27歳の時なんて全然ダメだったもん。

 何されてたんですか。

テリー 27歳の時はもうテレビの演出家だったけど、当時はまだ結婚してなくて、ガールフレンドがいっぱいいてね‥‥。まぁ、俺の話はどうでもいいんだけどさ(笑)。これからはどんな仕事をしていきたいの。別にバラエティーも嫌いじゃないんでしょう。

 はい。でも、最近はなかなか出させていただく機会がなくて。今だからできることもあるかなと思うんですけどね。ほんとに昔は怖がりすぎて、何にもできずに終わることがすごく多かったんですよ。今も自信があるわけではないんですけど。もちろん、お芝居に限らず、何事も、もっともっと勉強したいなと思っていて、枠におさまらずに、いろいろチャレンジしたいなと思ってます。

◆テリーからひと言

 写真で見せてもらった料理、ほんとにうまそうだったな。特にパスタ。今度パスタツアーで自宅まで行きますから、何品か作って食べさせてください。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
2
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった
3
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
4
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
5
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴