芸能

工藤静香、アンチが消えた?「手料理」への酷評激減の“さすが”な理由

 歌手の工藤静香が11月22日、自身のインスタグラムを更新。自作のクッキーの写真と動画を投稿し、反響を呼んだ。

 工藤は〈ヘルシーなボールクッキーです。全粒粉の半分がきな粉と胡麻 焼き上がったら、黒糖やお抹茶などを絡めたらなかなか可愛いです。ココアの粉もお勧め!〉とし、材料と作り方も説明してくれている。

「はじめ、写真を見た時はお団子か何かと思われたのですが、クッキーとのこと。皿に並べられている4種類の中、メインのものは濃い茶色をしており、見栄えはあまり良くはありません。もちろん実際は異なり、ただ写真の写りかたが悪いだけなのかもしれませんが(笑)」(ネットライター)

 それでもフォロワーからは、《美味しそう!》《食べてみたい》《料理本を出して欲しい》《さっそく作ってみます!》などなど、大絶賛の声が相次いでいる。

「フォロワーすべてのコメントを見てみても、疑問を抱く声はゼロ。フォロワーなのでファンも多いことから、当然と言えば当然なのですが、他のネット上を見ても、以前のようにアンチを中心とした厳しい発言はほとんど見られないようですね」(前出・ネットライター)

 工藤は料理写真をインスタに頻繁にアップしているが、以前はその見た目の微妙さから、ネット上の格好のネタになり続けていた。

「あれだけ酷評されていれば少なからず工藤本人の耳にも入っているはずですが、彼女はまったく意に介さない。それどころか3月に『ノンストップ!』(フジテレビ系)に出演し、その手料理について聞かれた際は『茶色っぽいのがご飯に合ったりするじゃないですか』『夕食時って忙しいので、そこでシャカッと撮ったりするので、綺麗に美しく撮れないのかなと思うんですが…』などとサラリと笑って言いのけ、改善する気はさらさらない様子でした。こうした肝が据わった、いい意味での鈍感な姿勢が、次第にアンチ発言を減らしているのかもしれません。さすが大物芸能人、そして木村拓哉の妻といったところでしょうね」(エンタメ誌ライター)

 もちろんネットの誹謗中傷は言語道断だが、昨今はSNSでの世間の指摘に反発の声をあげ、よけいにブーイングを浴びる芸能人も多いだけに、少しは工藤を見習ったほうがいいのかも?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
2
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
3
松本人志を罵倒、浜田雅功に暴行で“一世一代の大勝負”に出た芸人!/坂下Dの「地獄耳」芸能
4
清原和博の新庄監督批判がますます浮く?江夏豊・田淵幸一の「太鼓判」発言
5
伊藤沙莉、「マッパで“美バスト”を揉まれる」ベッドシーンの艶気が大絶賛!