スポーツ

「野球やったことないのか!」王監督の激怒抗議に名物審判“あわや”なセリフ

 金田正一監督、根本陸夫監督、大島康徳監督、仰木彬監督(いずれも故人)など、錚々たる顔ぶれに対して、日本最多記録となる17回の退場宣告を行った元名物審判・山崎夏生氏。その山崎氏が、巨人からMLBに渡って活躍した元プロ野球選手・上原浩治氏のYouTubeチャンネル〈上原浩治の雑談魂〉の11月19日投稿回に出演した。

 それによると、山崎氏は、子供の頃には唯一テレビで放送されていた、巨人戦をもっぱら観戦していたそうで、野球界に入り、長嶋茂雄氏や王貞治氏と初めて会った時には「涙が出そうだった、神様に会った気がして」とのことである。

 また、かつては、「アンパイア~!」「山崎~!」などと、ベンチに座りながら怒鳴りつける監督もいたところが、ソフトバンク時代の王監督は、どんなに年下の審判でも必ず近くまで歩み寄り「さん付け」で呼んでいたそうで、「とびきり紳士だった」と振り返る。

 ところが、神様と崇め、紳士と慕ったそんな王監督に、あわや「退場宣告」…といった過去エピソードもあったという。

 それは、山崎氏が球審を務めた試合、ノーアウト1塁でエンドランのかかった場面でのこと。ソフトバンクのピッチャーの投球を巡り、相手バッターの避けた左手側面に当たったと「死球」と、山崎氏はジャッジした。

 しかし、王監督は「三振」だと主張し、「エンドラン掛かってるんだよ。打ちに行くに決まってるじゃないか!…キミは野球やったことないのか!」と抗議したのだ。

 すると、山崎氏は「監督もエンドランやったことないでしょ!」と、思わず強気に言い返したという。「10分揉めちゃった、申し訳ないことしちゃった…」と苦笑交じりに白い歯を見せて振り返った山崎氏だった。

 王監督との「男気」と山崎氏の「男気」のぶつかり合いは、ビデオ判定の無かった時代ならではの醍醐味だろう。昭和を懐かしく想起させてくれる証言だ。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「旧姓の印鑑を即捨て」「服は10着だけ」北川景子のプロフェッショナルな「処分&整理力」が潔すぎる
2
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」
3
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
4
「手で隠すなら出すな!」梨花が非難を浴びた「ボタン全開バスト」の中途半端な見せたがり
5
「ポスト水卜麻美」で岩田絵里奈を脅かす!日テレ・杉原凜「癒しDバスト」貴重映像