芸能

追悼・やしきたかじん 「ナニワの無頼王伝説」を振り返る(2)

20140123f

 亡くなる直前には、やめていたアルコールも再び飲めるほど回復していたというたかじん。その破天荒な酒の飲みっぷりは、大阪の北新地で“伝説”として語り継がれるほどだった。

 30年来のつきあいだったという歌手の円広志氏は、たかじんの豪快なカネ遣いを今でも鮮明に覚えているという。

「いつも大阪の北新地で一緒に飲んでいたのですが、一晩で高級クラブを何軒も巡る。一軒当たりの滞在時間はせいぜい数十分。すぐになじみの別の店に移動して、飲み直しするんです。気に入った女性もいたようですが、見かけるといつも違う女性と歩いているから誰が本命かわからない。

 勘定はいつもたかじんさんのツケ払い。おごるのが好きな人で、一度、ラーメン屋に行った時、僕が支払いを済ませたら、ものすごく怒られましたね。何しろ、たこ焼きを買う時も毎回1万円札を渡して、お釣りは受け取らなかった人でしたから」

 共演者や同業者だけでなく、たかじんはレギュラー番組のスタッフとの“懇親会”でも大盤ぶるまい。毎日のように飲み歩いていた。

「番組の収録終わりは必ず飲み会で、夕方から楽屋で飲みっぱなしですわ。長い時は、延々と6時間続くこともあった。しかもスタッフではなく、たかじんさんが焼酎やワインを用意してくれて、ある時にはロマネコンティを持ってきて、ADに酒をつぐこともありました。恐縮のあまりそのADは『おいしいです』と喜んでいましたが、緊張と慣れない高級酒のせいか、味はわからなかったとか。それほど、上下分け隔てなくつきあっていましたよ。確か、その時のロマネコンティは50万円ぐらいだった。若いスタッフに『一流の味を覚えろ』ということを教えたかったみたいで、一見ぶっきらぼうですが、てれ屋なんです」(制作スタッフ)

 いわば、酒を通じて公私を共にした仲間と絆を深め、番組作りをするという信頼関係が、関西で「たかじんブランド」を確立する原動力になっていたのは間違いない。番組関係者が言う。

「たかじんさんの番組は、毒舌がウリでクレームも少なからずあった。それでも冠番組がいずれも長寿番組として続いているのは、たかじんさんの親分肌の気質に番組スタッフが惚れ抜いているからこそ。そうでなければ、浮き沈みの激しい中、番組を続けることはできませんからね」

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
手越祐也の“弁当宅配”に水を差した「道交法違反では?」疑問の声!
2
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
3
「ドクターX」米倉涼子の降板説で飛び交う“2代目大門未知子”仰天候補
4
「肌がピチピチ!」生田斗真は恋人・清野菜名のアソコに惚れた?
5
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃