スポーツ

新庄監督、「清原の苦言」で急浮上する大物OBたちの“アンチ包囲網”とは!?

 日本ハムの新庄剛志監督(49)に思わぬ逆風が吹き始めた。震源地は、当初新庄シンパと見られていた「番長」清原和博氏からの痛烈な一撃だった!

 さらには複数のプロ野球選手OBたちが「アンチ包囲網」に呼応するように、動き出していると詳報しているのが、11月30日発売の「週刊アサヒ芸能」である─。

「(新庄の)監督就任会見を見た瞬間、イラっとしました。もうちょっと(服装を)ちゃんとしてくると思ったんですよ。プロ野球の監督になったら、ある程度ちゃんとしないと…。プロ野球100年の歴史があるわけですよ。(元巨人の)川上(哲治)監督から始まってね。絶対プロ野球のOBたちは口に出さへんと思いますけど、みんな嫌な気分になってるのは間違いないと思います。僕らの年代までの選手までは。若い世代はわからないですよ」

 自身のYouTubeチャンネル「清ちゃんスポーツ」でそうコメントした清原。このニュースはあっという間に駆け巡り、炎上騒動にまで発展しているのだ。

 だが、清原発言が引き金となり、プロ野球界ではタブーだった「アンチ新庄」の存在が俄然、クローズアップされているのだ。

 いち早く、新庄批判を展開していたのが、元大洋の高木豊氏だ。自身のYouTubeチャンネルで昨年、新庄がプロ復帰を目指して、12球団合同のトライアウトに挑戦することがわかった新庄に対して、

「新たな試みでいいかもしれないけど、50歳って初老だよね。(中略)応援はしたいけど、本当に真剣にやるのかな?」

 と疑問を呈すると、新庄は自身のインスタグラムで〈僕の事に対して何言っても構わない 俺と一緒に挑戦し初めてくれてる人達の気持ちを冷ますような発言だけは悲しくなるのでして欲しくないです〉(原文ママ)

 と珍しく反論。大御所に対して、苦言を述べたのだった。

 実は、新庄のド派手パフォーマンスには高木氏だけではなく、苦言を述べていたり、内心穏やかでない大物OBも少なくないという。そんな“アンチ新庄包囲網”とも言うべき全容を、11月30日発売の「週刊アサヒ芸能」12月9日号では詳しくレポートしている。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ケガ離脱中」巨人・坂本勇人復帰後の「取り扱い」を原監督が明言した
2
石田ゆり子が「服を着ていない丸出し写真」公開、あんなところまで見えてる!
3
ピンク・レディー「再結成ステージ」がまさかの「15分で終了」のアキレた舞台裏/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
佐々木希を「公開処刑」に追い込んだ秋田の超絶美女アナ「Dバスト素顔」
5
岡村隆史が猛批判!アンガールズ田中の「めちゃイケ」丸パクリ番組に「こんな悲しいことある?」