スポーツ

「顔が揺れてましたよね!」宇野勝が「ヘディング事件」の真相を高橋慶彦に弁明

 主に中日ドラゴンズで活躍した元プロ野球選手・宇野勝氏。1984年には日本プロ野球において、遊撃手として初となる本塁打王を獲得。338本は、遊撃手としての通算最多本塁打記録である。

 しかしながら、そんな宇野氏の名前を全国区に押し上げたのは、それらの功績以上に、俗に言われる「宇野ヘディング事件」ではないだろうか…?

 81年8月26日に後楽園球場で開催された「巨人─中日」戦の7回裏、2アウト2塁の場面。中日の先発・星野仙一氏(故人)の投球を、巨人の山本功児氏(故人)が遊撃手後方にポップフライ。宇野氏は捕球の態勢に入りながらも、捕球を失敗し、まるでサッカーのヘディングのように右側頭部を直撃したといった突発事態で、客席は爆笑に包まれたものだ…。

 その宇野氏が、主に広島カープで活躍した元プロ野球選手・高橋慶彦氏のYouTubeチャンネル〈よしひこチャンネル〉に出演(11月26日付け投稿回)。

 当時のエラーを振り返り、「言い訳ですよ!」と前置きしつつ、当時はコンクリートのように硬いカチカチの人工芝、さらにはケン(歯)の立つシューズだったことから、「顔が揺れてましたよね?」と、高橋氏に確認。つまりは飛球を追いかける際に視界がブレて見失ったのだと弁明。思わず白い歯を見せて苦笑する高橋氏に、宇野氏が「ここ笑うところじゃないからね。真剣、真剣」と訴えると、「わかる、わかると、」と同じ遊撃手だったゆえの理解を示していた。

 タレント、みのもんたのコミカルなナレーションでもお馴染み、スポーツバラエティ番組「プロ野球珍プレー・好プレー大賞」(フジテレビ系)は、前述の宇野氏のエラーがきっかけで放送スタートしたとされているが、宇野氏は、ベストナインを3度受賞するなど、守備面に定評のある選手だったことは付記しておきたい。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石田ゆり子、「割れ目クッキリ美ヒップ」奇跡の突き出しポーズで視聴者を魅了!
2
田中理恵が“極小サイズ”足ショット公開!バストと絡めた「疑問の声」も
3
ひろゆきも「5つ星」認定!トリンドル玲奈の「美胸写真集」に称賛の声
4
トリンドル玲奈、大胆バスト披露は改心の証?「やる気ない」評価からの激変理由
5
田中理恵、地団駄踏んでバストがブルンブルン!ゴルフ練習動画が艶すぎるッ