スポーツ

元阪神・川藤幸三は「2番タイプのバッター」!?掛布雅之が動画回顧

 阪神タイガース一筋18年、元プロ野球選手の川藤幸三氏と言えば、阪神が21年ぶりのリーグ優勝、2リーグ制以来初の日本一に輝いた1985年には、代打としての活躍が色濃く、仮に三振に切って落とされても、バットを肩に担ぎ、太鼓腹を揺らして堂々とベンチに戻る姿が印象的だ。歯に衣着せぬ関西弁の物言いも相まって、相手チームにしてみれば、ふてぶてしい態度にも思えたことだろう。

 しかしながら、そんな川藤氏を、実は「繊細な人」と慕う人がいた。阪神、ダイエー、ヤクルトで活躍した元プロ野球選手・池田親興氏のYouTubeチャンネル〈たかほー 池田親興のちかチャンネル!〉の、12月15日付け投稿回に出演した、「ミスタータイガース」こと、元プロ野球選手の掛布雅之氏だ。

 1974年、掛布氏のルーキーイヤー当時、川藤氏はレギュラー定着にメラメラと闘志を燃やしていたそうで、「肩も強くて、足もめちゃめちゃ速かった。(中略)バントもできて、いわゆる2番タイプのバッターだよね、右にも打てるし」と、川藤氏をベタ褒めの掛布氏。

 2番タイプで犠打と言えば、主に巨人で活躍し、通算533犠打バントの世界記録をマークした川相昌弘氏を思い浮かべる。川藤氏の74年を振り返ると、20犠打をマークしており、これはこの年のリーグトップだった。

 前述の阪神日本一の頃には“走れない川藤氏”の印象が残っているが、現役終盤の川藤氏を知っている池田氏が「オレは要らんもん捨てたって言ってました。走ること、投げることを捨て、バット1本に絞ったんやって」と続けた。

 レギュラー定着が見えた頃合いにケガで泣かされた苦労人の川藤氏。プロでの生きる術をバットに託したのだと、しみじみ感じさせる、見ごたえのある回だった。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
2
「孤独のグルメ」見た勘違いドライバーが続出!猛烈寒波の北海道での「観光地獄」
3
巨人・丸佳浩に原監督の「冷酷ダメ出し」崖っぷち外様の悲哀
4
「中に出して!」篠田麻里子のドロ沼不貞で浮上した「激しすぎる車中の情事」
5
井上尚弥はSバンタム級で勝てるのか…渡嘉敷勝男と米トレーナーの予想がまっぷたつに