芸能

伊勢谷友介・ピエール瀧・渡部建…完全復帰への明暗/22年・芸能界大予測(2)

 22年、芸能界・テレビ界の関心事の一つが、不祥事タレントの復帰問題。まずは20年10月にひき逃げ事件を起こした伊藤健太郎についてだ。

「すでに昨年10月に主演舞台で活動を再開させており、その直後から主演映画『冬薔薇』の撮影がスタートしている。また、ひき逃げ事件の直前に、フジテレビの動画配信サービス『FOD』で放送された、伊藤主演の『東京ラブストーリー』が同月から地上波で放送されたことからも、テレビ復帰への道筋は整ったと見て間違いありません。フジと日テレが、すでに伊藤のスケジュールを押さえているとも伝わってきます」(テレビ雑誌ドラマ担当)

 また、20年9月に法律違反の薬物を巡る容疑で逮捕された伊勢谷友介は、昨年秋からファンクラブを始動させ生配信を行うなど、活動に精力的。

「すでに、ある大手ネット配信サービスからのオリジナル作品の企画書に伊勢谷の名前があったという話があります。同じく19年3月に法律違反の薬物で逮捕されたピエール瀧が、すでにNetflixドラマ『全裸監督2』で復帰していますし、完全復帰の可能性は高いのでは」(前出・テレビ雑誌ドラマ担当)

 20年2月に、こちらも薬物で逮捕された槇原敬之は、昨年9月に活動再開を発表し、10月にアルバムをリリース。22年は、春から14都市24公演の全国ツアーが決まっており、早くも完全復活する。

 一方で、まったく復帰の目処が立たないのは“多目的トイレ不貞”で仕事を失ったアンジャッシュ・渡部建である。

「芸能活動への復帰は、日テレ主導で復帰計画が二度進んだことがありましたが、いずれも事前に情報が外部に漏れたことで大批判の嵐が吹き荒れて頓挫。現時点で打つ手はないようです。事務所は“10年間は覚悟したほうがいい。でも諦めるな”と渡部を励ましているといいます」(渡部に近いお笑い関係者)

 一部では佐々木との離婚説も浮上しているが、「それはないのでは」(前出・お笑い関係者)という。

「昨年11月、同じ人力舎所属の後輩芸人のいけだてつやが、『痛快!明石家電視台』(毎日放送)で、渡部が豊洲市場でアルバイトをしていることを明かしました。豊洲のバイト先は佐々木とも親交のある仲卸業者ですし、渡部の仕事については夫婦の問題として前向きに可能性を探っているのではないでしょうか」(前出・お笑い関係者)

 明暗が分かれそうだ。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
2
日本代表GKが明かした「静岡名物監督」の激ヤバ破天荒「負けたら選手を罵倒した」
3
メッシ出場「コパ・アメリカ2024」よ、お前もか!アマプラ生中継に「なぜ?」の不満が噴出したわけ
4
リーグ戦再開でも騒がしい「しんどいから今年で退任」阪神・岡田彰布監督の取り扱い問題
5
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!