芸能

前澤友作、連日“朝勃ち”告白に飛び交った「剛力ちゃんは大変だった?」憶測

「ZOZO」創業者で実業家の前澤友作氏が12月26日、自身のYouTubeチャンネルを更新。宇宙での“下半身事情”を赤裸々に明かし、男性視聴者を大いに沸かせた。

 前澤氏は日本の民間人として初めて国際宇宙ステーション(ISS)に滞在。20日に地球に帰還後、ISSで撮影した動画をアップしているが、この日は「宇宙の性事情ぶっちゃけます」と題し、寄せられた質問の中から“大人向け”だった「宇宙で性欲ってどうなりますか?」に言及した。

 宇宙での性事情について前澤氏は、「個人的な見解ですし、なんの科学的根拠もありませんし、何か調査したわけでもありません」と前置きしつつ、「結論から言いますと、宇宙で性欲、僕に関しては全くわきませんでした」と明かした。

 さらに「地上での僕を知っている近しい人たちは『ウソつけよ!』とこの動画を観ると言うかもしれないでけども。僕46歳ですけど、地上ではまだまだ、そこそこ元気です」といい、「ムスコ改め“アノ部分”って表現しますけど、朝起きると生理現象で、アノ部分にパワーがみなぎっているっていうのが、男性の特徴だとは思うんですけど、こっち12日間宇宙に来てからは、実は一度もアノ部分がですね、元気になって“おはようございます!”ということはありませんでした」と語り。そもそも滞在中に一度も「血がみなぎらなかった」とした。

「さらに前澤氏は『宇宙ではもしかしたら』としたうえで、性的欲望について『わかないのかなっていうのが僕の結論』と話し、『とにかく地上に行ったら』その欲望が『戻ってくることを願っています』と笑いを誘っていましたが、男性視聴者にとっては、どんな実験よりも興味深い内容だったのでは」(ネットウオッチャー)

 一方、そんな興味津々に加えて飛び交ったのが、前澤氏の地上での性的欲望の強さを羨む声だ。

「前澤氏によれば、地上では毎日のように“朝勃ち”するとのことで、元気いっぱいの様子。朝勃ちは健康の何よりの証と言われますが、40代中盤にして“毎朝”となると自信のない男性も少なからずいるのでは。そのため《前澤さん、マジ下の方もバイタリティー凄いんだな》《剛力ちゃんも朝からさぞかし大変だったのでは》など羨む声が続出していましたね(笑)」(エンタメ誌ライター)

 それにしても宇宙での性事情、さらに突っ込んで研究が進んで欲しいものである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
2
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった
3
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
4
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
5
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴