芸能

米倉涼子、“妖艶アンドロイド姿”が暗示する「ドクターX」次回作の有無とは!?

 今年の正月は神社・寺院へ初詣で、大願成就を祈願した人も多かったはず。そこで、週刊アサヒ芸能では世の男性に福をもたらす七福美神をいざ召喚。豪華トップ女優のツヤ艶エピソードで今年も開運必至だ!

 まずは、1月13日より配信が決まった主演ドラマ「新聞記者」(Netflix)の配信がいよいよ1月13日スタートとなった米倉涼子から。

 ドラマは“森友問題”を題材とし、国有地売却問題や公文書改ざん事件など硬派な内容。当たり役「ドクターX」(テレビ朝日系)の天才外科医でお馴染みのスカート部分がミニ丈の白衣を脱ぎ捨て、地味なグレースーツの新聞記者だが…。

「主演の米倉は綾野剛扮する官邸秘書、横浜流星扮する新聞配達員などを相手に政権の暗部に迫っていこうとする社会部記者役。これまでの天才外科医のようにズバズバ難問題を解決することはない。主演とは言ってもドラマの中では一介の新聞記者役にすぎないため、本人は『これじゃ、私主演じゃないみたい』ともの足りない様子です。初めて挑む骨太の社会派ドラマの群像劇に不安になっているようです」(芸能デスク)

 そして、気になる「ドクターX」シーズン8の有無を巡っては、昨年のシーズン7の最終回に米倉が披露した自身のアンドロイド姿が暗示しているとか。そして、このアンドロイド演技に何とも艶っぽい評判もたっているというのだ…。

 このほかにも、長澤まさみがはいている肌着が“チラっと見え”したという舞台、北川景子が“身悶え”したかのような声をあげながら豊かなバストのふくらみが強調された現場など、芸能界の七福美神たちの新年のツヤツヤエピソードが、1月11日発売の「週刊アサヒ芸能」1月20日号で一挙大放出されている。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
加藤紀子の横バスト写真が艶すぎ!“蛭子能収も惚れたFカップ”が進化したッ
2
江川卓が「不思議でしょうがない」首を傾げる大谷翔平のプレースタイル疑問点
3
藤原紀香、ドレス胸元から“Fバスト渓谷”魅せ!深さと長さに過去最高の評価
4
前澤友作との交際報道で梅村妃奈子ファンの間で飛び交った“冷ややかな納得”
5
石川佳純のニット姿がキュートすぎ!引き締まったボディの“バスト変化”とは