芸能

小泉今日子「略奪愛&政治色」を払拭する「桃色ステージ」(2)ワンピースの水着姿が…

 小泉は以前から恋多き女として知られていた。古くは藤井フミヤ(59)、尚之(57)兄弟との交際をはじめ、95年に結婚した永瀬正敏(55)。04年の離婚後は、20歳下の亀梨和也(35)との熱愛報道もあった。

「こうした自由奔放な恋愛も、小泉は上手にイメージアップにつなげてきた。それは、アイドルや女優の枠にとらわれないポップスターとしての印象と合致するものだった。それほどセルフブランディングに長けていたわけですが、豊原との交際宣言はある意味、小泉が初めて世間の空気を読み間違えたということかもしれません」(芸能ジャーナリスト)

 以後、小泉は自ら車を運転して豊原を送迎するなど、サポート役に回り、前述のように裏方仕事が増えていく。ただ、芸能記者によると、

「現在も自宅付近や馴染みの店で一緒に買い物や食事をする姿がたびたび目撃されています。互いの仕事についてアドバイスし、刺激し合う同志といった関係を保ち、長年連れ添った夫婦のようになっているそうです」

 今では2人の関係に逆風は吹いていないようだが、小泉のメディア露出減の原因は、略奪愛だけではない。日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」のインタビュー記事に登場するなど、小泉の発言が政治色を濃くしていることも一因となっている。民放局プロデューサーはこう指摘する。

「憲法上、どんな発言をするのも自由。それは芸能人だって同じ。とはいえ、タレントの政治的発言、特に政権批判はスポンサーが嫌がるのです。小泉は検察官の定年延長を可能にする法案に反対するツイートをはじめ、『赤旗』でも政府のエンタメ産業への支援策を韓国と比較して批判した。ネトウヨの格好のターゲットになってしまい、ちょっとした炎上騒動に発展。それは、テレビがキョンキョンに求めているものじゃない。面倒な問題に関わりたくないということもあって、企画会議でも名前が挙がることは、めっきり少なくなりました」

 最近では「個人で立ち上げた制作会社の経営も芳しくない」(芸能プロ関係者)ようで、デビュー40周年を迎えた小泉を取り巻く現状は厳しい。それゆえ、起死回生をかけた全国ホールツアーに打って出たとの見方もある。小泉の「体にムチを打って」というセリフも意味ありげに聞こえるが、芸能デスクによれば、

「昨年12月に発売されたデビュー40周年記念Tシャツからも本気度はわかります。アイドル時代のワンピース水着姿がプリントされたものなど全6種類のデザインがあるのですが、中でも注目なのは、『TRAVEL ROCKバージョン』です。93年にリリースされたアルバム名ですが、ジャケットでセミヌードを披露したことで当時、話題になりました。そのアルバム内に入っていた『手ブラヌード』がプリントされているんです。最新のアーティスト写真では、そのTシャツを自ら着て笑みを浮かべており、今回のツアーでも‥‥」

 40周年のステージが「桃色」に染まるのでは、と期待されているのだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
秋山翔吾が縁もゆかりもない広島カープ移籍を決断した「批判禁止」の掟
2
本田真凜は「5兄妹の次女」ファミリーでただ一人伏せられる「謎の姉」
3
ヤクルトに「優勝はやめて」懇願するフジテレビ中継の困惑と悲哀
4
村上佳菜子「こぼれ出るバスト」「ドテ高」が大注目された「脱ポチャ」ボディ
5
岡田有希子「ガス自死未遂後の飛び降り死」で判明した「遺書」の中身/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史