芸能

“日本のリバプール”博多スーパースター列伝<第5回>チェッカーズ(3)

20140206o

 売野はメンバーの1人1人が、芹澤の厳しい指導を受けた場面をたびたび見ている。

「メンバーは皆、芹澤先生と呼んでいたし、ギターだけじゃなくドラムでも『ここはこうやって叩け』と手取り足取りでした」

 売野は2曲目の「涙のリクエスト」(84年1月)、3曲目の「哀しくてジェラシー」(84年5月)、4曲目の「星屑のステージ」(84年8月)までをデビュー前の段階で芹澤と完成させている。そして「涙のリクエスト」は、発売前の段階から手応えが違った。

「ライブハウスで演奏すると、異様に盛り上がっていた。芹澤さんと『これは当たる』と言い合ったね」

 実際、発売からすぐに火がつき、さらには不発のデビュー曲まで引っ張り上げられ、3曲目も含めて「3作同時ベストテン入り」という快挙も達成する。

 これだけ当たった「涙のリクエスト」だが、売野の詞が1時間45分、芹澤の曲が15分で、2人合わせてわずか2時間の早業である。4作目の「星屑のステージ」も同様の速さだが、この曲を下敷きにして吉幾三は「酒よ」というヒット作に転換。ともすればパクリ疑惑になりそうだが、むしろ芹澤は「名誉なこと」と喜んでいたという。

 それでも5作目の「ジュリアに傷心〈ハートブレイク〉」(84年11月)は、売野が5度の書き直しを命じられるほど“難産”となった。

「ちょうどこの曲でチェッカーズがヤマハを離れ、自分たちの個人事務所を作った。その1作目だから芹澤さんも気合いが入っていましたね」

 立て続けにチェッカーズはチャートの1位記録を重ね、街には同じようなファッションに身を包んだ若者があふれた。男の子たちが初めて「オシャレ」に目覚めた瞬間である。

 それでも彼ら自身は気取ることなく、テレビでは7人が久留米なまりで楽しげに話している。ディレクターの吉田は、いつも「アイドルでも100%、ミュージシャンでも100%であれ」と要求した。

「3カ月に1枚のシングルをリリースし、個々に楽器の練習も曲作りも手を抜かずにやれと言っていました。大変なスケジュールだったけど、そこは九州男児だから誰も音を上げない。いや、彼ら自体が自分たちの活動が楽しくて仕方がなかったんだと思う」

 チェッカーズとしての活動は約10年に及び、以来、再結成待望論も実現する気配はない。それでも「郷土愛」は、フミヤを筆頭に不変であるらしい。

 TNCを退職して広告業に関わった藤井伊九蔵は、09年に久留米駅にできた高層マンションのCMをフミヤに依頼したことがある。

「二つ返事でOKでしたよ。出演だけじゃなく、実際、親のためにと最上階を購入してくれましたから」

 郷土愛とファンへの思いを表すなら、やはり「チェッカーズ」の6文字こそがふさわしい──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「タピオカ騒動」木下優樹菜、一転謝罪も指摘される「ファンに『黙れ』」過去!
2
巨人・鈴木尚広、阿部慎之助よりこっ恥ずかしい「重婚報道」にドン引きの声
3
批判覚悟?田中圭が「おっさんずラブ」続編から降板しなかった理由
4
桑子真帆を筆頭にNHK勢が躍進のヒミツ/「女子アナランキング」考察(下)
5
木下優樹菜「恫喝DM騒動」で「数千万規模の違約金発生の可能性」証言!