芸能

上沼恵美子も「受信料を払う者として…」バッサリ!“史上最低”紅白の「矛盾」

 タレントの上沼恵美子が、1月16日放送の「上沼・高田のクギズケ!」(読売テレビ)に出演。昨年大みそかの「第72回NHK紅白歌合戦」に強烈なダメ出しをした。

 昨年の紅白は2年ぶりに有観客で開催。「カラフル」をテーマに、司会から白組・紅組の区別を撤廃するなどジェンダーフリーを意識した構成も話題になった。

 例年、民放ではトップの裏番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 絶対に笑ってはいけないシリーズ」(日本テレビ系)が昨年は休止だったこともあり、高視聴率が期待されたが、午後9時からの第2部の視聴率は34.3%と史上最低。瞬間最高視聴率も大トリMISIAの歌唱後の39.3%と、初めて40%を割り込んだ。

 この結果に上沼は「ターゲットをどこに持って行くか、若者に持っていらっしゃったですね、NHKは。間違えましたね」とバッサリ。

 さらに、「はっきり言います。これ視聴者としてよ、受信料を払ってる人間として」と前置きした上で、「若い方に舵を切るのはいいんですよ。いいんですけど、大みそかぐらいは家でゆっくりされている高齢の方にターゲットを合わせてもらいたいな。それがNHKのいいところだと思ってたんだけど」と語った。

 近年、若者のテレビ離れが指摘されている一方、スポンサーがCMを見せたいのは若年層ということで、各局の番組はターゲットを若者にシフトしている。テレビを観る層を切り、観ない層を狙うという矛盾が、紅白にも直撃したのだろう。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
爆弾投下で朝ドラ降板も!浜辺美波を襲う「男スキャンダル」大暴露予告の心身異変
2
水着写真で判明!藤田ニコル「おマタの膨らみ」に向けられた「アノ疑惑」に出た結論
3
貴島明日香、人気お天気キャスター1位も納得のバスト渓谷写真の「破壊力」!
4
松岡茉優がM字開脚でDカップを揉みしだく!問題作の「過激プレイ」で噴出した「フルオープン」熱望論
5
「有村架純のバストを揉みしだく」禁断映像の一斉配信に異常興奮と嫉妬の嵐!