スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「キングオブコージが本領発揮」

 正月競馬はあっという間に終わり、早いもので第1回中山開催は今週で幕。その最後に行われるのは、アメリカジョッキークラブカップだ。

 少し前までとは趣が違って、年々重要度が増している。4月の第1週に行われる大阪杯(阪神芝2000メートル)が17年からGIに昇格したことで、距離が1ハロン長いこのレースは、いわば前哨戦の意味合いを持つようになったからだ。

 もともとは、天皇賞・春(阪神芝3000メートル)を目指す馬の一里塚でもあっただけに、その盾を目指す馬も出走してくるが、とにもかくにも以前より、いい顔ぶれが多くなったように見受けられる。

 18年にこのレースを制したダンビュライト、2年連続で3着しているラストドラフト、そしてポタジェ、ボッケリーニなどは、明らかに大阪杯を意識して臨んできているが、各馬の力量に大きな開きがあるようには見られず、馬券的にはおもしろそうである。

 ただ、別定戦だけに大きく荒れたことは少ない。03年に馬単が導入されてからこれまでの19年間、その馬単での万馬券は5回(馬連は3回)。この間、1番人気馬は6勝(2着2回)、2番人気馬も6勝(2着4回)。1、2番人気馬によるワンツー決着は2回のみだが、比較的順当に収まっている重賞である。

 年齢では近年は明け4歳馬、充実ぶりが際立つ5歳馬がよく連対を果たしているものの、過去19年で6歳馬が4勝(2着1回)、7歳馬は5勝(2着3回)、そして8歳以上の馬は勝ち鞍こそないものの、2着4回と古豪の頑張りが目立っている。ピークが過ぎたからといって軽く見てはいけないようだ。

 では、改めて有力どころを見てみよう。

 ルメール騎手とのコンビで、恐らく天皇賞・春に照準を合わせているだろうオーソクレースが最有力候補だろうか。ベスト距離になるポタジェ、ボッケリーニがそれに続き、同舞台で実績があるダンビュライト、ラストドラフトも要注意ということになろう。

 堅い決着と考えるならオーソクレースかポタジェを本命視すべきだろうが、穴党としては少しばかり斜に構えたい。狙ってみたいのは、キンブオブコージだ。

 オーソクレース、ポタジェとも3カ月の休み明けであるのに対して、こちらはそう間隔を開けておらず、1カ月半ぶりのレースというのがいい。

 前走の中日新聞杯は5着に敗れたが、この時は2カ月半ぶりの実戦で、前走からプラス10キロと、やや馬体に余裕があった。道中も折り合いを欠く場面がありながら、それでも勝ち馬とはコンマ3秒差。力が確かだからこその内容だった。

 そもそも1勝クラスから一気の4連勝でGII目黒記念を制したのだから、ただ者ではない。

 それから4カ月半の休養を挟んで、5連勝をかけて挑んだGII京都大賞典は3着惜敗。その後は体調を崩して11カ月半の休養を余儀なくされたが、それだけに年齢的な衰えはない。

 約1年ぶりとなった昨秋のオールカマーは9着、そして前走を使われたことで、この中間は大幅な良化ぶりを見せており、中間の稽古も実に軽快だった。

 母系は欧州の一流血脈。GIを狙える血統馬であり、中山コースは〈2 0 0 1〉と好相性で距離もピッタリ。走れる条件がそろっているとあっては、期待しないわけにはいかないだろう。良馬場条件に大きく狙ってみたい。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凜は「5兄妹の次女」ファミリーでただ一人伏せられる「謎の姉」
2
岡田有希子「ガス自死未遂後の飛び降り死」で判明した「遺書」の中身/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
村上佳菜子「こぼれ出るバスト」「ドテ高」が大注目された「脱ポチャ」ボディ
4
「有村架純のバストを揉みしだく」禁断映像の一斉配信に異常興奮と嫉妬の嵐!
5
本田望結が「男性経験人数」をカミングアウト!結婚するのは24歳で…