芸能

「天誅~闇の仕置人~」不発でフジが金曜ドラマから撤退の崖っぷち!

 1月24日にスタートした女優の小野ゆり子(24)が初主演した連続ドラマ「天誅~闇の仕置人~」の初回平均視聴率が2ケタに届かず、8.4%に終わった。

 前クールの同枠で放送された連続ドラマで、財前直見と沢村一樹のW主演作「家族の裏事情」の初回6.5%より下がりはしなかったが、1ケタに甘んじた。裏番組の連続ドラマ「3匹のおっさん」(テレビ東京)の2回目は初回(11.6%)より下がったものの9.3%を取っている。「振り向けば、テレビ東京」どころか、このままでは追い越されてしまいそうだ。

「天誅──」は、戦国時代の女忍者(小野)が現代にタイムスリップ、悪人を成敗する勧善懲悪ドラマ。ウリは本格的なアクションシーンとフジの連ドラ初出演の泉ピン子の起用だったが、どちらも成功したとはいいがたい。

「元締め役のピン子が終始しゃべりまくってとにかく耳障り。小野はセリフに難ありなのか、しゃべるのはカタコトだし表情も硬いまま。見せ場のアクションシーンもスタントマンが吹き替えているのがバレバレ。悪人退治も中途半端なままで終わり、スカッとするどころかドッと疲れが出ました」(芸能ライター)

 フジの金曜8時枠は長い間お得意のバラエティ番組を放送してきた。が、次第に数字が取れなくなり、中高年女性向けにターゲットを絞り、昨秋、17年ぶりに連続ドラマ枠に変更した。第1弾が「家族──」で、テレ東の裏番組は船越英一郎主演の「刑事吉永誠一 涙の事件簿」だった。

「ところが『家族──』が、まさかの低視聴率。テレ東に負けたことでスポンサーはカンカンだった。『天誅──』の今後の数字が右肩下がりなら、前クールで今世紀最低視聴率を取った『夫のカノジョ』同様打ち切りは確実。ドラマ枠撤退もやむを得ない状況になってきた」(芸能リポーター)

 それにしても不思議なのが世直しドラマを同じ時間帯にわざわざぶつけてきたことだ。絶対の自信があったとでもいうのか。これについては、テレビ誌記者がタネ明かしする。

「すべてはフジの凋落が原因。実はフジにゆかりの深い別の人気女優の主演ドラマが放送される予定だったが、フジでの主演ドラマがことごとく低視聴率に終わったことで、出演を断っていたんです。それで前倒ししたため、ネタがバッティングしてしまった。確かに凋落著しいフジで低視聴率女優のレッテルを貼られたら、他局でもお呼びがかからない。イメージが悪くなってCMに影響が出たら死活問題ですから」

 トレンディ路線で一世を風靡したフジのドラマ部門は衰退の一途──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
2
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
3
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
4
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること