スポーツ

武豊 乗ってよし、買ってなおよし!「伝説の天才馬券術」があった!(3)

20140213b

 ギャンブラーとしても慧眼を見せつけた武の馬券術。その強さの秘密は何なのか。競馬ライターの平松さとし氏が解説する。

「武騎手にインタビューすると、レースで乗った馬の特徴だけではなく、どのように騎乗依頼されて、レースの直前にはどんな出来事があったかなど、実に事細かに記憶していることに驚かされます。しかも、自分が騎乗した馬だけでなく、他の馬の癖にも気づくのは、名伯楽・藤沢和雄調教師とも共通しています。とにかくふだんからレースをよく見ており、その記憶の積み重ねの結果なのだと思います」

 ギャンブルの格言に「競馬は記憶のゲーム」というのがあるが、騎手としてだけでなく、勝負の展開を予想するうえで、過去のデータがモノを言うのは言うまでもない。そうしたデータの裏付けをもとに、武は予想においても独特の嗅覚を発揮するのだ。

「騎手はレース名を聞けばコース、距離、過去のレース展開が思い浮かぶといいます。武豊の場合には過去のデータは全て頭の中にインプットされており、みずからの記憶だけでシミュレーションを行うことができると言われています」(トラックマン)

 では、武の予想に戻ろう。続く3レース目の予想こそ惜しくも外したが、ここからが勝負師の真骨頂。

「ダンツビューティの子供、5走で3回出遅れてる。出遅れてまくって勝つというのが今日のパターンかな」

 とレース展開を予想すると、再び1着固定の3連単で馬券を購入。しかも2着、3着を3頭までしぼり込み、勝負馬券は実に6通り×5000円の3万円ナリ。さらに軸馬が2着以下に沈んだ場合の保険として4頭ボックスの3連単(24通り)、さらには気になる穴馬を1頭入れ替えた別の4頭ボックスを購入し万全の態勢だ。

「けっこう買うな。たぶん当たるから大丈夫だけど」

 と余裕の表情の武。するとレースは予想どおり向こう正面からまくる展開に。そこから指名した馬が前4頭までを独占してゴールという完全勝利だった。

「よし、そのまま、4連単獲った!」

 結果は堅めながらも、なんと馬券は3枚とも大当たりとなるトリプル的中。もう勝負師の勢いは止められない。そして、番組はいよいよ最終レースへ。

「おっ、モータウンサウンドはデビュー戦で乗った。京都の芝2000メートルかな。でも軸にできる馬がいない。9番かな~」

 結局は1番人気の1着に固定し、相手4頭の3連単(12通り)。そして相手はそのままで軸を2着に固定した3連単の2枚の馬券をオーダー。しかし、時間をかけマークカードに記入したのが裏目となり、窓口締め切りで購入できず。

「それでも予想はみごと的中。しかも3着馬が同着だったこともあり、3連単が2本も当たっていた」(嘉門氏)

 もはや神業。結局この日は5戦で3度の3連単的中。払い戻し額は57万超、総収支ではプラス34万円、なんと約250%の回収率を記録したのだった。

「武騎手はふだんから『馬を見てもよくわからない』と言ってますが、何千頭も、騎乗した経験から気づく特徴などはあるのでしょう。それでも、テレビ番組で実際に勝つのはまた別次元の話ですよ。やはり“持っている”としか言いようがない」(前出・平松氏)

 乗ってよし、買ってなおよし──。唯一無二の天才ジョッキーは馬券術も超一流だったのである。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
千眼美子、台湾で見せた「肉体の激艶変化」に男性ファンが騒然!
2
石田ゆり子が結婚できない理由はペットにあらず!本当の原因は別だった?
3
デカすぎる!本田翼、美バスト披露でメイキング映像にアクセス殺到!
4
鈴木愛らとバチバチ!「しぶこ」が同組で無視される“緊迫バトル”全貌とは?
5
日テレ水卜麻美、リバウンド指摘もファンから上がった「歓喜の声」!