スポーツ

成績だけでは分からない…トップ騎手7人「本当は崖っぷち」な裏事情(2)

20140220y

 昨年のダービーで藤沢和雄厩舎が管理するコディーノを下ろされてから、リズムに乗れていないのが横山典弘騎手(45)だ。

「12年に93%だった単勝回収率も13年は58%、今年は34%と落ち込む一方。特に中山では買えないよな。馬場がいい開幕週で、先行有利なのにもかかわらず、後方ポツン。若手じゃないんだからさ。スタート直後から馬券が外れた気分になるよ(苦笑)。勝負どころで不利を受けたり、スペースがあるのに追わずにシンガリ負けとかもな。記者席ではブーイングの嵐だよ」(専門紙記者)

 レース後、「馬は頑張っている」とコメントする姿をよく見るが、横山典騎手に直接聞けるのは仲のいい記者などごくわずか。「うまく書いといて」が決まり文句だという。

「あるアナウンサーが、勝利インタビューをしづらい騎手として藤田、岩田、佐藤哲、横山典の名をあげてたけど、私ら専門紙もノリちゃんや川田が人気で負けると憂鬱なんだよな。夏を新潟回りにしたのは、函館を息子の和生に譲るためなんだけど、そのサービス精神を少しでいいからこっちに向けてほしいよ」(前出・専門紙記者)

 関東ではもう一人、調子が上がらないのが松岡正海騎手(29)。

「10年には109勝をあげてリーディング4位。マイネル軍団の主戦を務めていましたが、翌年から成績が落ち込み、今では柴田大知(36)に一番手の座を奪われ、石橋脩(29)や大野拓弥(27)にも抜かれているのが現状です。サンデーレーシングの馬にも去年は8頭にまたがり未勝利。一昨年、フローラSで2着するなど、かなり期待されていたアイスフォーリスでも1勝9敗と結果を残せなかった。それで愛想を尽かされたんじゃないでしょうか」(スポーツ紙記者)

 ただ、「成績が上がらない理由の一つは、落馬負傷によるもの」と見るのは、前出・専門紙記者だ。

「11年の8月から12年の1月のわずか半年で3度も落馬してるんだよ。8月に左腓骨、11月には右鎖骨を骨折。そして1月は左足関節内果骨折、左手関節捻挫と診断された。早期復帰したけど、昔のような内を突く騎乗が少なくなった」

 武豊騎手(44)も10年の毎日杯で重傷を負って以降、スランプが続いた。松岡騎手は、まだ20代。昔のような冴え渡る手綱さばきの復活を期待したい。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
貴島明日香、人気お天気キャスター1位も納得のバスト渓谷写真の「破壊力」!
2
広瀬すず、ドッキリ動画に映り込んだ「爆裂バストが凄い」とファン大反響!
3
バスト&ヒップを同時堪能?「泥酔した」吉岡里帆を“介抱した”俳優に羨望の声
4
鈴木奈々のヒップ見せ以上!「女子メンタル」地上波カットされたウイカの激艶シーンとは?
5
巨人のエース・菅野が「越権行為」も原監督が手を出せなかった“事情”とは!?