スポーツ

原監督、「散髪も一緒」岡崎郁が明かした“超せっかち”素顔!

 2月24日、元プロ野球選手の「デーブ大久保」こと大久保博元氏のYouTubeチャンネルに、元巨人の岡崎郁氏が出演。原辰徳監督の素顔を語った。

 岡崎氏は1979年のドラフト会議で3位指名され、大分商業高校卒で巨人に入団。翌年には原氏が東海大卒でドラフト1位で巨人に入団しており、年齢は原氏が3つ上となる。入団後、原氏は80年の1年目から開幕スタメンのスーパースター、一方の岡崎氏はチーム事情から85年になってようやく一軍に定着する関係にあったが、現役時代は原氏から何度も食事に誘われるなど、とにかく可愛がってもらっていたという。

 しかし、そんな優しい印象からは一変、岡崎氏が原氏の性格の大変さを思い知らされたのが、互いに現役を引退後、岡崎氏がコーチとして巨人に復帰した原監督の第二次政権時代だった。

「岡崎氏によれば、ヘッドコーチ時代(2011年~12年)はキャンプ中の30日間で『晩飯が28日間一緒』だったとか。練習が夕方に終わると即座に原監督は宿舎に帰る一方、岡崎氏はヘッドとして選手が全員帰るのを待って帰り、その後は原監督不在のコーチミーティング。ようやくミーティングが終わったとかと思ったところへ、監督から15分後に外食に呼び出され、キャンプ中の風呂は『シャワーしか浴びたことない』と、『ありがたいこと』とは言いながらも少々ウンザリ気味に話していましたね」(野球ライター)

 また、岡崎氏はキャンプ時、原氏の散髪にも同行。

「宿舎で隣の部屋の原監督から壁を叩く音が聞こえて呼び出しを食らい、その用事は『一緒に散髪行くぞ』。慌てて自分の部屋に戻って着替えていると即、『早くしろ!』とせかされるなど、とにかく“せっかち”だったと言います。原監督の恩師である巨人の第11代監督・藤田元司氏も“瞬間湯沸かし器”の異名で有名でしたが、そんな短気さを受け継いでいるのかもしれませんね」(前出・野球ライター)

 今はそれから年齢を重ね、せっかちさも無くなったのか、それとも変わっていないのか。現ヘッドコーチの元木大介氏や作戦兼ディフェンスコーチの阿部慎之助氏あたりに、聞いてみたいものである。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    悩める男性を2人が全力応援!YouTube番組「オトナの保健室」がいま話題に

    Sponsored
    249165

    30代後半あたりから悩む男性が急増するというAGA(男性型脱毛症)。「数年前の自分の写真と比べて生え際が後退している」、「風呂上りにドライヤーをかけると頭皮の見え具合がハンパない」など、気付くきっかけはさまざまだが、一度気になり始めると普段…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    動画もオンラインゲームもラグ知らず! OCN 光はなぜ夜のエンタメシーンでもおすすめなのか

    Sponsored
    251202

    PCの画面を見ながら、F氏は愕然とした。デビュー以来推していた某女性グループの1人が卒業するから….ではない。涙を堪えながら、その最後のお別れとなる卒業ライブ配信を視聴していたところ、最後の挨拶を前に、動画サイトの画面がカクつき…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
オリラジ中田敦彦が「松本人志批判」動画からコッソリ削除していた「問題の部分」
2
一家心中のナゾを解く!市川猿之助に浮上した「徹底した潔癖症」という重大証言
3
大関昇進の霧馬山「師匠の四股名・霧島の継承」をめぐる「あぁ勘違い」なアクシデント
4
秘かに浮上…栗山英樹と原辰徳「侍ジャパン監督⇔巨人監督」交換トレードという「一石三鳥プラン」
5
大迫勇也の日本代表選考漏れは「森保監督との関係悪化」…闘莉王が「監督にメッセージを送れ」の直言