スポーツ

原監督、「散髪も一緒」岡崎郁が明かした“超せっかち”素顔!

 2月24日、元プロ野球選手の「デーブ大久保」こと大久保博元氏のYouTubeチャンネルに、元巨人の岡崎郁氏が出演。原辰徳監督の素顔を語った。

 岡崎氏は1979年のドラフト会議で3位指名され、大分商業高校卒で巨人に入団。翌年には原氏が東海大卒でドラフト1位で巨人に入団しており、年齢は原氏が3つ上となる。入団後、原氏は80年の1年目から開幕スタメンのスーパースター、一方の岡崎氏はチーム事情から85年になってようやく一軍に定着する関係にあったが、現役時代は原氏から何度も食事に誘われるなど、とにかく可愛がってもらっていたという。

 しかし、そんな優しい印象からは一変、岡崎氏が原氏の性格の大変さを思い知らされたのが、互いに現役を引退後、岡崎氏がコーチとして巨人に復帰した原監督の第二次政権時代だった。

「岡崎氏によれば、ヘッドコーチ時代(2011年~12年)はキャンプ中の30日間で『晩飯が28日間一緒』だったとか。練習が夕方に終わると即座に原監督は宿舎に帰る一方、岡崎氏はヘッドとして選手が全員帰るのを待って帰り、その後は原監督不在のコーチミーティング。ようやくミーティングが終わったとかと思ったところへ、監督から15分後に外食に呼び出され、キャンプ中の風呂は『シャワーしか浴びたことない』と、『ありがたいこと』とは言いながらも少々ウンザリ気味に話していましたね」(野球ライター)

 また、岡崎氏はキャンプ時、原氏の散髪にも同行。

「宿舎で隣の部屋の原監督から壁を叩く音が聞こえて呼び出しを食らい、その用事は『一緒に散髪行くぞ』。慌てて自分の部屋に戻って着替えていると即、『早くしろ!』とせかされるなど、とにかく“せっかち”だったと言います。原監督の恩師である巨人の第11代監督・藤田元司氏も“瞬間湯沸かし器”の異名で有名でしたが、そんな短気さを受け継いでいるのかもしれませんね」(前出・野球ライター)

 今はそれから年齢を重ね、せっかちさも無くなったのか、それとも変わっていないのか。現ヘッドコーチの元木大介氏や作戦兼ディフェンスコーチの阿部慎之助氏あたりに、聞いてみたいものである。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「男闘呼組」成田昭次がついに受けたインタビューでも語らない「薬物の話」
2
平愛梨に真野恵里菜…次々にゴールを決めるサッカー選手に“怨嗟”の声
3
吉岡里帆「監督に叱られた無名時代」ブレイクのきっかけは新垣結衣だった!
4
阪神の「夜遊び帝王」糸原健斗に忍び寄る「アレ流」レギュラー剥奪危機
5
スペイン戦直前…本田圭佑が放った「権力者は退場せよ」猛烈批判の真意