スポーツ

上原浩治&仁志敏久が「抜かれていたと知り愕然」の意外な“三振記録”とは?

 昨シーズン、ルーキーながら101安打、24本塁打を放ち、前半戦の阪神快進撃に貢献した佐藤輝明。しかし後半戦は調子を落とし、昨年7月4日の対広島戦において、プロ野球記録に並ぶ「1試合5三振」という不名誉な記録を作り、173三振はリーグ最多だった。

 しかしながら、「1試合5三振」は案外数多く、2020年に2000本安打で名球会入りを果たした巨人の坂本勇人が、19年6月21日の対ソフトバンク戦の時点で史上17人目を記録しているのだ(佐藤は史上19人目)。

 そんな三振を巡って、MLBでも活躍した元巨人・上原浩治氏のYouTubeチャンネル〈上原浩治の雑談魂〉に、主に巨人で活躍した仁志敏久氏が出演した3月8日付け投稿回で興味深い話が明かされた。

 この両氏も、実は「1試合5三振」を記録している。上原氏はピッチャーゆえ、5度も打席が回ってくると言うことは、点差の開いた勝ちゲームで、ベンチから「打つな」との指示も出ていたであろうことから、「ボクは全然不名誉と思ってない。“名前残るラッキーっ”と思って」とスタジオの笑いを誘った。

 しかし、広島のブラッド・エルドレッド氏が14年7月14日の対横浜戦で1試合6三振を記録。これをスタッフから聞かされた上原氏は、「日本記録抜かれたんですね…ちょっとショックだわ。チェッ…あの野郎…」と冗談めかして語り、野手の仁志氏もなぜだか少々落胆とした表情を浮かべたものだ。

 もっとも、エルドレッド氏の記録は、延長12回までの参考記録となっていることから、上原氏、仁志氏らの「1試合5三振」が今も日本記録。阪神の佐藤にも、笑って「ショックだわ」と言えるようになる日がやがて来るのかもしれない。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え