芸能

のりピー「ドタキャン騒動」後もかけめぐった「セクハラ説」

 酒井法子の「舞台ドタキャン騒動」といえば、昨年12月に浮上したトラブル。今井雅之が脚本、演出を手掛ける今年3月上演の舞台「手をつないでかえろうよ」で、メインキャストの酒井が突然、降板を申し入れてきた、と今井が主張した一件である。それが今、「真相」をめぐって思わぬ波紋が生じているという。

 今井は当時、ブログでこう怒りをブチまけ、酒井の事務所を猛烈批判した。

〈明確な理由はいただけず、社長いわく『出演承諾はしていない』との一点張り〉

〈舞台より営業を取ったと言われても何も言えないでしょう。事務所的にはやはり目の前のお金なんですかね〉

 ところが今年1月になって、今井は急に腰が引けたコメントを発表。

「酒井さんは一切悪くないし、関係ない。僕が酒井さんの所属事務所の社長とモメたこと。本人からはぜひ挑戦してみたいと言っていただいたので、事務所の社長さんと話して快諾していただいたと思っていたんですけれど、最終的には向こうが『契約書を書いてないよ』とおっしゃったので、僕が引きました。僕が180%悪い」

 何があったのか、「180%悪い」などと全面謝罪に転換である。

 この豹変ぶりに、芸能界では「コトの真相」について、とある噂が駆け巡った。ワイドショーデスクが言う。

「どうやら酒を飲みながら出演依頼をしていたようで、のりピーは酔ってOKの返事を出した。それを今井が鵜呑みにしたところ、のりピーの事務所が『正式にオファーを受けていない』と反論。実はこの際、酔った今井がのりピーにセクハラまがいの言動で“迫った”ことが事務所の知るところとなり、事務所は激怒。今井が平謝りする事態となったのだ、と‥‥」

 酒の勢いでエロオヤジになり、つい口説きモードに入った、というのである。さらに、

「酒井の“後ろ盾”となっているとされる大手芸能プロの圧力が(今井に)あったから、との指摘もあります」(芸能プロスタッフ)

 確かにそう考えると、一連の状況が腑に落ちる気がする。さもありなんという話だが、それとも噂はあくまで噂なのか──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
4
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
5
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白