スポーツ

名将・古葉監督にも焦りが!?「江夏の21球」の“真実”を広島OB2人が動画回顧

 主に広島で活躍した元プロ野球選手であり、1975年からは広島で監督を務め、リーグ優勝4回、日本一に3回導いた、古葉竹識氏(故人)。

 その古葉氏の初めての日本一は、近鉄バファローズと日本シリーズで戦った79年。3勝3敗で迎えた第7戦は、「4対3」の1点差リードの場面、9回裏のマウンドにリリーフで上がった江夏豊氏が、21球で劇的勝利をおさめたことから、後に〈江夏の21球〉と称され、人々の記憶に刻まれることとなった。

 この〈江夏の21球〉を振り返ると、1球目に先頭バッターに中前打を放たれ、2人目のバッターは、1塁ランナーが盗塁と相手のエラーで三塁に進塁したのを受け、四球で1塁へ…この6球目終了の時点で、広島サイドは古葉監督の指示により、北別府学氏と池谷公二郎氏がグラウンド脇のブルペンで投球練習を開始しており、これが江夏氏の闘争本能に火をつけたとも囁かれている。

 この試合でショートを守っていた、元広島・高橋慶彦氏のYouTubeチャンネル〈よしひこチャンネル〉、3月22日付け投稿回に、池谷氏が出演し、この説について触れる場面があった。

「古葉監督の江夏さんを鼓舞するための考えじゃなかったのか?」とスタッフから問われると、「それはないよね」「それはないと思うよ」と高橋、池谷の両氏が否定。江夏氏の性格を知っていれば、他のピッチャーを目の前に立たせることは、むしろあり得ないことであり、「(古葉監督は)ある面では焦ったんだろうね」と、高橋氏は回顧した。

 逆転されれば投げる機会はなく、同点で延長に入るなら、次の広島の攻撃時に肩を作れば良いことから、「(今)なんのために(ブルペンで)投げるのか?」と疑問だったとも語る池谷氏。当時を知る両氏の発言からも、名将・古葉氏にも負けられない大一番に焦りがあったというのが真実だろうか…?

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広島カープ「次の監督決定」秒読み!「アライさん」を支える「名参謀」入閣情報
2
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
3
松本伊代、それでもヒロミを選んだ“アイドル時代”群がった男たちの「接近手段」
4
衝撃発覚!あの紅白歌手に楽曲を提供した「薬物作曲家」の逮捕劇
5
安田美沙子、「感動の出産シーン」と真逆の“汚部屋”公開に“不衛生”非難が!