芸能

有名人「伝説のガチ喧嘩」を実況中継!〈大物司会者の「ご乱心」〉(1)バイキングでの坂上忍VS北村晴男弁護士

 かつて人気を博した毒舌司会者もまた、意地とプライドを賭けたバトルを繰り広げてきた。今や伝説となったエピソードの数々を以下。

 現在進行形で最も過激な司会者として、賛否両論だったのが「バイキングMORE」(フジテレビ系)の司会を務めていた坂上忍(54)だろう。惜しまれて4月1日に終了したが、芸能記者によれば、

「元々、12年頃から毒舌キャラで再ブレイクした坂上さんは『自分は情報番組では外様』という意識が強く、それゆえに、どこまでもヒールに徹して番組を仕切っていた。番組が約9年間続いたのは、良くも悪くも正義感を振りかざし、正論を吐くことをモットーとしていたから。それゆえ視聴者から番組へのクレームも多かったことで、ソフト路線に切り替えたのが番組終了の理由」

 中でも坂上の激高ぶりが大きな騒動となったのが、「行列のできる法律相談所」のパネラーとしてもお馴染みの北村晴男弁護士(66)とのバトルだった。

 20年から出演していた北村弁護士は、21年1月8日の放送で、新型コロナウイルスを巡り、分科会の会長を務めていた尾身茂会長を擁護。

「あまり非難するのは正直、やめていただきたい。尾身さんは専門家の立場で必死になって、緊急事態宣言をなかなか発しない政府に働きかけていた」

 すると、緊急事態宣言が発令されたばかりとあって、坂上がエキサイト。

「北村さんが尾身さんにどんな思い入れがあるのか知らないけど‥‥」

 と捨て台詞を吐く事態に。その後、ネットを中心に炎上したものの「あくまで番組上の演出」(芸能記者)ということで、ひとまず沙汰止みになった。ところが、2月に入り様相が一変。

「坂上さんと北村弁護士の議論がことごとく、ギクシャクして番組内で問題になったようです。コロナ禍での東京五輪の開催について、推進派の北村弁護士は『100%やるべきだと思っています』と主張。さらに『選手への申し訳なさやリスペクトが足りない』と発言。これに坂上さんが『乱暴すぎる』と反論すると、『どれだけ人生かけて彼らがやってきたと思ってるんですか?』と北村弁護士が語気を荒らげるなど平行線が続いた。その2週後にも動物愛護を巡って衝突。この動物愛護に一家言ある坂上さんの琴線に触れてしまい、そのまま降板になったようです」(芸能記者)

 その後、清原博弁護士とのブチ切れ討論がたびたび炎上したが、

「北村弁護士の件もあって、事前にある程度激しい応酬があるのは織り込み済みだったようです」(制作会社スタッフ)

 さすがの百戦錬磨の坂上も、本職の弁護士には苦手意識が出てしまったようだ。

 関西に目を移せば、今や語り草となっているのが、14年に亡くなったやしきたかじん(享年64)だろう。豪快な酒やカネをめぐるエピソードは数知れず。そうした中で、落語界の重鎮、立川談志(享年75)とのバトルはあまりにも有名だ。かつて、たかじんが進行役をしていた「たかじんnoば~」(読売テレビ)でのこと。番組はゲストとたかじんがバーのカウンターで酒を酌み交わすという内容だったが、談志は現場で泥酔。話題のテーマは司会論についてだったが、アルコールも進んで下ネタになったところ、たかじんの一方的なトークに。鼻白んだ談志がぼそりと「品のない番組だねえ」と漏らしたことで、たかじんが激高し始めた。

「怒りが収まらないたかじんさんが、挙句に、その場にあった灰皿を談志さんの頭めがけて投げつけたほどだった。それでも怒りは収まらなくて、『こらぁ! 表に出んかい』と罵ったほどだった。結局は収録は中止となりお蔵入りしましたが、この収録を機に、キャスティングは気心知れた在阪のメンバーが中心になったそうです」(在阪テレビスタッフ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
5
森口博子が「ああん…何か変な気持ちになってきました」苦情殺到の生放送事故