スポーツ

ロッテ・佐々木朗希「完全試合男」を待ち受ける重大試練!(4)「結婚の運命」を否定せず

 周囲が騒然とする中で、記録ずくめの歴史的瞬間に立ち会った美女の存在も見え隠れする。民放局ディレクターが明かす。

「4月からスポーツ情報番組『S-PARK』(フジテレビ系)の新MCに就任した佐久間みなみアナ(24)です。当日は慣れないスポーツの現場仕事を淡々とこなしていましたが、試合後に佐々木と対面した瞬間に、完全に仕事モードから『オンナの顔』に一変したんです」

 午前中にエンゼルスの試合をテレビ観戦した後に、佐々木の登板を取材するためマリンに移動。夜には生放送を控える超ハードスケジュールそっちのけで、

「明らかに気のある表情で佐々木を見つめるやキャピキャピ飛び跳ねるなど、局内では絶対に出さないメスの匂いを漂わせていました。あまりにもミーハー感丸出しな場面もあり、『炎上必至』と判断したディレクターが放送ではカットしてしまいました。就任後の初取材だったことから『ロウキと結婚する運命にあるんじゃない?』と周囲にからかわれる始末。特に否定することなくニコニコ顔で、まんざらでもない表情を浮かべていました」(民放局ディレクター)

 英語堪能な帰国子女アナにマッチアップするのは、先輩OGの久慈暁子(27)も同様のようで、

「かつて、同郷の大谷を狙っていると報じられた久慈は、ヤクルトの原樹理(28)と交際した過去を持つほどの大の野球選手好き。現在は、大谷同様に岩手出身の佐々木をロックオンしたともっぱらなんです。フリー転身を果たした身軽さもあり、今シーズンの開幕前から『佐々木君とご飯に行きたい~』と古巣のスポーツ局の同期に懇願しているそうです」(スポーツ紙デスク)

 しかし、残念ながらパーフェクト男に色仕掛けは通用しないご様子。

「かねてから、プロ野球選手と女子アナの間を取り持ってきたフジのプロデューサーがセッティングしようとしたが、体よくかわされてしまった。キー局のディレクターの間では『佐々木に女子アナは通用しない』が常識になりつつある。複数の先輩野手は自ら女子アナに近づいて鼻の下を伸ばしているんですがね‥‥」(スポーツ番組プロデューサー)

 いつまで朴訥な青年のままでいられるか。進化のスピードが速すぎて、3年後の姿が想像できない。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広島カープ「次の監督決定」秒読み!「アライさん」を支える「名参謀」入閣情報
2
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
3
松本伊代、それでもヒロミを選んだ“アイドル時代”群がった男たちの「接近手段」
4
衝撃発覚!あの紅白歌手に楽曲を提供した「薬物作曲家」の逮捕劇
5
安田美沙子、「感動の出産シーン」と真逆の“汚部屋”公開に“不衛生”非難が!