芸能

「デブのドラマは当たらない」のジンクスを覆した石塚英彦が連続起用される理由

 石塚英彦(52)主演の連続ドラマ「刑事110キロ」(テレビ朝日系)が4月クールで復活する。「デブのドラマは当たらない」というジンクスを覆し、前作は初回14.1%、平均12.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)の好視聴率を叩きだした。石塚は、

「今年も京都・太秦に行くことができるのが、率直にうれしい。撮影所の食堂の定食の“まいう~”な味をよ~く覚えています」

 と手放しの喜びようだ。昨年放送時には演技初心者、石塚の台詞棒読みや大根演技が酷評されて、続編の話など出てこなかった。

 それがいきなりの新シリーズスタート。いったい何が起きたのか。

「この枠は東映京都撮影所の制作。沢口靖子の『科捜研の女』や、名取裕子の『京都地検の女』がシリーズ化され、同社のドル箱になっている。石塚起用の理由はギャラの安さ。主役なのに100万円程度。脇役(高畑淳子、中村俊介、星野真里、石丸謙二郎、井上和香)はさらに安くてキャスト費は底値な状態。そのうえ大半の収録が撮影所の中で済ませられるなど、徹底したコストカットで制作されている。フジテレビの月9で約5000万円かけている制作費の半分で済み、視聴率は月9よりいいのだから、やらない手はないでしょ」(テレビ雑誌記者)

 ただ心配なのは、4月クールはやたら警察ものが多いこと。テレビ朝日だけでも、小栗旬の刑事ドラマのスタートが決まっている。再登場で新鮮味がない分、飽きられてしまうことも考えられる。

「石塚が演じるのは、見た目いい人でも実はとんでもない腹黒さを持つワルキャラ。1話完結スタイルで、『古畑任三郎』のように最初に犯人をあげてじわじわ締め上げていくスタイルに変えて、視聴者を引き寄せる仕組み。もっとも本人は何の心配もしてない。役の設定より自分の体重が2キロ少ないことを理由に、食べまくり宣言したほど。石塚にとって京都のおいしいものを食べるのが第一で、残りはつけたし。ギャラも二の次らしい」(芸能ライター)

 徹底しているようで。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
櫻井翔が披露した「嵐グループメール」のレスの速さにファン驚嘆!
2
大みそか「ガキ使」に「新しい地図」サプライズ出演情報も立ちはだかる壁!
3
注目はF胸だけじゃない!土屋太鳳、同性人気も集めた“開き直り肌見せ戦略”
4
フリー転身も間近?TBS宇垣美里、先輩・田中みな実を超えた「名艶技」!
5
関ジャニ大倉、ファンからカバンに「使用後肌着」大量入れられ被害の“苦悩”