スポーツ

「藤田平VS篠塚和典」1厘差で負けた男が「それでよかった」逆転の発想

 あのイチロー氏が憧れたことでも有名な、元巨人・篠塚和典氏。絶妙なバットコントロールから「安打製造機」と称され、1984年、87年に首位打者のタイトルを獲得した。

 その篠塚氏が、元巨人・岡崎郁氏のYouTubeチャンネル「アスリートアカデミア【岡崎郁 公式チャンネル】」で4月21日付け「【vol.2】藤田平選手との神がかりな首位打者争い(’81)」と題する投稿回に出演。憧れの選手として、阪神タイガースで活躍した藤田平氏の名前を挙げた。

 藤田氏は1965年、ドラフト2位で阪神入団。2年目の67年に154安打で最多安打に輝くと、以後12年間にわたって3ケタ安打を記録。プロ通算2064安打で、阪神の生え抜き打者で初となる名球会入りを果たしている。

 その藤田氏と篠塚氏には、首位打者を争った年がある。藤田氏にとっては晩年に近く、篠塚氏は入団6年目の81年(当時の登録名は篠塚利夫)。藤田氏が「.358」で篠塚氏を1厘差でかわし、初タイトルを獲得したのだった。

 篠塚氏は次のように回想した。

「あの時、バッターっていうものは3年間3割打てば、ある程度、周りの人に認められてね。ボク自身は逆にあそこで獲っちゃったら、その後、(思い通りの)バッティングができてたかなっていったら、不安があったよね。逆にあそこは獲れなくて、その後に3割を3年間打つっていう方に意識を持ってったのはよかったと思うね」

 篠塚氏は81年から5年連続で打率3割に到達。その間に首位打者にも輝いた。

 すぐに結果を求めたがるところをグッとガマン…堅実に実力を高めていった胆力に頭の下がる思いである。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
Snow Man渡辺翔太の発言が騒動に!ガーシー予告「もう一組抜ける」の信ぴょう性
2
平愛梨に真野恵里菜…次々にゴールを決めるサッカー選手に“怨嗟”の声
3
スペイン戦直前…本田圭佑が放った「権力者は退場せよ」猛烈批判の真意
4
「男闘呼組」成田昭次がついに受けたインタビューでも語らない「薬物の話」
5
柴崎岳がサブ扱いで囁かれる真野恵里菜「さげまん説」!