芸能

都はるみ、妻子ある男との「事実婚」で「ようやく普通のおばさんに…」吐露/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

「デビュー20周年の今年で『けじめ』をつけ(本名の)北村春美に戻ることにしました」

 会見場となった東京・赤坂の日本コロムビア本社に集まった300人を超える報道陣を前に、開口一番、こう語った都はるみ。1984年3月5日、この時、36歳。早すぎる引退に当時、私が籍を置く週刊誌は特集記事を企画。歌手生活「最後の1週間」に密着することになった。

 その挨拶のため、所属事務所「サンミュージック」を訪れると、相澤秀禎社長(当時)同伴で、彼女は出迎えてくれた。その表情は晴れ晴れとしたというものからはほど遠く、ひどく疲れて見えた。

 都は私生活で、まさに歌のような悲恋を経験していた。それが、音楽ディレクターである中村一好氏との「ただならぬ関係」だった。中村氏は石川さゆりの「天城越え」や美空ひばりの「おまえに惚れた」などを手掛けた敏腕。都の「大阪しぐれ」「浪花恋しぐれ」を担当したことで、交際に発展した。中村氏には妻子がおり、離婚調停が続いていた。当初、都は「彼が離婚したら結婚を考えます」と語っていた。

 だが交際発覚から4年間の同棲を経るも、状況に変化は見られない。つまりこの引退宣言は「結婚が叶わないなら事実婚でいい。そのためなら大好きな歌を捨てます」という彼女の決意表明だったのではないだろうか。

 密着取材は12月24日の「最後の記者会見」からスタート。そして大晦日の「レコード大賞」「年忘れにっぽんの歌」「第35回NNK紅白歌合戦」の舞台へと続くことに。

「デビュー20年。そして、紅白出場20回。その歌手がこの舞台を最後に、別れを告げるのです!」

 そう叫ぶ司会、森光子の声を受けて、舞台裏の彼女は着物の帯をポンと叩くと、「よし!」と力いっぱいこぶしを握りしめる。

 最後の曲として選んだのは「夫婦坂」だった。渾身の思いを込め歌い尽くし、そして燃え尽きた。紅白が終わり、時計の針は既に午前1半時を指していた。私は車に乗り込む都に尋ねた。

──本当に歌うことに未練はないんですか。

「これで、ようやく普通のおばさんに戻れるもの…。未練はないです」

──あなたにとって「歌」とは何だったんですか。

「そうですね、この20年間、いちばん大切なものでした」

──つまり、それより大切なものができたと?

「う~ん、どうかな…。記者さんも1週間、本当にご苦労さまでしたね」

 そう言って彼女が差し出した手の冷たい感覚は、今も鮮明に残っている。

山川敦司(やまかわ・あつし):1962年生まれ。テレビ制作会社を経て「女性自身」記者に。その後「週刊女性」「女性セブン」記者を経てフリーランスに。芸能、事件、皇室等、これまで8000以上の記者会見を取材した。「東方神起の涙」「ユノの流儀」(共にイースト・プレス)「幸せのきずな」(リーブル出版)ほか、著書多数。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し