芸能

視聴率男・有吉でも盛り上がらない番組の顛末

 いま、テレビで最も重宝されている男・有吉弘行。レギュラー番組15本、うち冠番組が7本で、潜在視聴率は約13%。今や「有吉に嫌われて共演NGを出されたら、芸能界で生きていけない」と言われているほどである。

 しかし、そんな有吉を持ってしても視聴率一桁台を更新し続けている番組がある。『今、この顔がスゴイ!』(TBS)だ。制作会社ディレクターが解説する。

「2013年4月にスタートした同番組、有吉さんはもちろん、もうひとりのMCは嵐の櫻井翔クンという力の入れよう。内容は、世の中にあまり知られていないけどこれから来るような話題の人物をスタジオに呼んでのトーク番組でしたが…」

 ところが、秋ごろから番組内容が女芸人やタレントに、プロのヘアメイクやものまねメイクの達人がメイクを施し、その変わり様に驚くという内容に変更された。

「最初のうちこそよかったものの、毎週その企画ですから視聴者も飽きますよね。それに、そんな内容だと有吉さんも櫻井クン生きない。もはやMCは誰でもいい印象でした」(前出・ディレクター)

 そして今年に入ってからは、ひとつのお題で、芸人とタレント数名がトークバトルを繰り広げるという内容に再リニューアル。

「それでも視聴率一桁を更新し続け、2月20日には3.8%を記録しました」(前出・ディレクター)

 その結果、3月末にあえなく打ち切りが決定。有吉と櫻井クンでも何をしてもダメって、この番組、逆にスゴイ!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
2
小川直也が22年後にバラした「猪木の絶対指令」橋本真也を殴る蹴る/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
3
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
幸運を呼ぶ新幹線点検車両「ドクターイエロー」が引退!「撮影会と体験乗車」は必ず見られる最後のチャンス